複数社を同時に受験することについて

先日、ある候補者に求人をご紹介したところ、こんな問い合わせがありました。

「現在A社を受けているところなのですが、他の会社を受けても
大丈夫でしょうか。」
基本的には問題ありませんが、ケースごとに異なります。


まず、まだ内定までいくつかステップがある状態。この場合は全く問題

ありません。その会社と自分が合うかどうかというのは受けてみないと
分からないことがあるので、可能性を広げることは大切なことです。
しかし、注意しなければいけないのは最終面接の段階、もしくはデザイン
事務所など小規模な組織で最初から社長面接となるような場合です。
よほど実力が抜きんでており、受けている企業が地味だったりあまり
人気のない企業であれば「実は他の企業を受けていて、そちらの結果を
見てから判断させてください」ということは可能です。
しかし、最終面接は、その会社に入りたいと思っている気持ちの確認の
場であることがあります。少なくとも、この会社に入りたいと思っているか
どうか、の意思確認の場です。
現在受けている会社(仮にB社とします)が第二志望で、第一志望の
会社(A社)がまだ結果が出ていない場合。それでそのB社が次に
最終面接、となってしまった場合は次のような選択肢があります。
1)正直に別な企業も受けていることを話し、そちらも受かったら
 良く考えてから決めたい、と伝える。
 
 最終面接は、単なる儀式的なものである場合と、ライバル候補が
 いる場合があります。後者の場合、少々不利な状況になるかも
 しれません。
 一方で、中堅クラスのデザイナーの中途採用の場合、ほとんどの
 場合が実力にある程度差があります。従って、上記のように
 伝えただけで落ちてしまう、ということは多くはないかもしれません。
 (しかしゼロではありません。)
2)最終面接の日程を先延ばししてもらう。
 これは実際にあった話です。ある程度大きな企業の場合、窓口と
 なっている人事部としては最終面接に社長や役員のアポイントを
 取っておいて、面接後に本人に辞退されることは大きなマイナスに
 なる場合があります。
 それであれば、本人の意思が固まるまで最終面接の時期を延ばして
 しまう方がマシなので、他に受けている会社の結果がでるまで
 待つ、ということに応じてくれるかと思います。
 但し、前述のようにライバル候補がいる場合は応じてくれない
 かもしれません。
3)黙っていて、内定を取って、さらに第一希望も受かったら断る。
 正直あまり好ましくない方法ですが、第一希望に受かる可能性にも
 よるかと思います。可能性の低い会社であればわざわざいう必要は
 ないかもしれません。
 (間に入る弊社のような立場からすると一番避けたい状況ですが、
  それだけのためにご本人の可能性を断つようなことをしてしまうと
  入社後も他社への心残りがあってうまく仕事に溶け込めない可能性が
  あるため、弊社都合は関係なく相談に乗るようにしています)
以上、ご参考になりましたら幸いです。
追記:
前回も記載しましたかわさきデザインフェアについて、いよいよ2週間と
なりましたので改めて記載しておきます。プロダクトデザイナーの
将来についてお話していただく予定ですので、ぜひご来場ください。
*************************************************************
◆1/29「かわさきデザインフェア」開催◆
川崎市では平成7年から「かわさきデザインフェア」を開催しています。
今回は「かわさき産業デザインコンペ2015」公開審査会及び展示会、
日本インダストリアルデザイナー協会(JIDA)理事長 田中一雄氏による講演会、
入賞作品の表彰式及び入賞作品展示、キッズデザイン賞受賞作品展等を開催します。
(本事業は、川崎市が市内産業の高付加価値化やものづくりの推進等を目的として開催しています。)
日時 平成28年1月29日(金)13:00から19:00(交流会 含む)
会場 川崎市産業振興会館ホール(川崎市幸区堀川町66-20)
定員     150名
参加費    無料 交流会参加者のみ2,000円(学生1,000円)
●申込方法
申し込みフォームから申し込みいただくか、下記内容を明記の上、
E-mail又はFAXでお申し込みください。
<申込フォーム>(ページ下部からアクセスしてください)
http://www.city.kawasaki.jp/280/page/0000072850.html
<E-mail又はFAXの場合>
1. 氏名(ふりがな)
2. 会社名/学校名
3. TEL / FAX
4. E-Mailアドレス
5. 交流会(出席/欠席)
申込先
川崎市経済労働局 次世代産業推進室 コンテンツ産業担当
FAX:044-200-3920 E-mail:28sangyo1@city.kawasaki.jp
●スケジュール(予定)
13:00 「かわさき産業デザインコンペ2015」公開審査会
15:30 講演会
タイトル「デザイナーと企業の新たな関係」
?デザイナーの「越権行為」がイノベーションを起こす?
講師:田中 一雄 氏 日本インダストリアルデザイナー協会(JIDA)理事長
17:00 コンペ表彰式(一般部門・高校生部門)
18:00 交流会(19:00終了)
◆「かわさき産業デザインコンペ2015」公開審査会◆
市内協賛企業が設定した7課題について、応募総数101作品の中から
選出された10作品のモデルにより最終審査を行い、グランプリを決定します。
臨場感あふれる審査会をぜひご覧ください!
・コンペ課題/協賛企業
A 板金の特性を活かした新しい生活用品/日崎工業株式会社
B 保育園・幼稚園で使用する木製主体の据え置き型万華鏡/ケンラックシステム株式会社
C 石で「和」を感じさせる生活用品/株式会社冲セキ
D マグネシウム合金の特性を活かしたステップラダー/ステップスツール/株式会社マクルウ
E 超精密ピン・シャフト加工技術が生み出す新しい生活用品/三和クリエーション株式会社
F 「数理造形」を感じさせるメタルクラフト・キット/株式会社ヒラミヤ
G 博物館・美術館館内員が使用する椅子/株式会社キルト工芸
◆講演会◆
●テーマ:デザイナーと企業の新たな関係
?デザイナーの「越権行為」がイノベーションを起こす?
●講演者:田中 一雄 氏
株式会社 GKインダストリアルデザイン 代表取締役社長
公益財団法人 日本インダストリアルデザイナー協会 理事長
公益財団法人 日本デザイン振興会 理事
今、デザイナーの役割は従来の姿形をデザインする仕事から広がり続けている。
先進的な企業では、デザイナーに製品開発の最上流にあたる「顧客との対話による
課題発見」の役割を求めており、また、プロジェクトの「イノベーションの促進役」を
任せて実績につながっている企業もある。それらはデザイナーがもともと持っている
「アイディアを可視化する能力」や「全体を見渡す俯瞰力」を効果的に活用している例だ。
今回のデザインフォーラムでは日本インダストリアルデザイナー協会(JIDA)の
理事長であり、GKインダストリアルデザインの代表取締役社長でもある田中一雄氏を
講師に迎え、企業がデザイナーをどう活用していくべきか、デザイナーが企業に
求められているもの、などを多様な視点から語っていただく。また、今後デザインを
活用したいと考えている企業に向けて、デザイナー的な発想・プロセスである
「デザインシンキング」を活用した事例の説明をしていただく。
◆高校生部門「街を彩るユニバーサルデザイン」◆
次世代デザイナーの醸成を図るため富士通デザイン株式会社、
パイオニア株式会社の協力で、「街を彩るユニバーサルデザイン」を
テーマに高校生部門を開催しました。応募総数116作品から優秀賞他10作品の
入賞作品を選出いたしました。
◆表彰式◆
当日開催される第20回かわさき産業デザインコンペ最終(公開)審査会の結果
選出されたグランプリ等入賞作品、高校生部門の入賞作品の表彰式を行います。
◆展示会◆
かわさき産業デザインコンペ2015一般部門と高校生部門の入賞作品展示の他、
キッズデザイン協議会による受賞作品展等を行います。
・「かわさき産業デザインコンペ作品展」
・「キッズデザイン賞受賞作品展」
期間 2016年2月1日(月)?2月4日(木) 午前10時から午後5時(初日は午後1時開始)
場所 川崎市産業振興会館
●お問合せ先
川崎市経済労働局 次世代産業推進室
TEL : 044-200-0168
FAX : 044-200-3920
メールアドレス: 28sangyo1@city.kawasaki.jp
--------------
なお、今回のフォーラムは「かわさき産業デザインコンペ」の最終プレゼン/公開審査会の後に開催されます。

最終プレゼンは、第一次審査を突破した10組が試作モデルを作成、プレゼンテーションします。一度でも来た方はお分かりになるかと思いますが、審査員からの質問や候補者のプレゼンテーションを見ているだけで、コンペのヒントが多数得られるかと思います。
デザインコンペ入賞を狙っている方は、ぜひご来場ください。
皆様のご参加をお待ちしております。

PAGE TOP