始まりは半分だ

4月になっても全国の桜の開花日がはっきりしなかった年は、珍しい。
それだけ異常気象だったのだろうか。
まあ、4月は何と言っても入学、新入生歓迎会など嬉しい日々が続くが、
この土日のように雨に降られると、悲しくなる。
やはりこの月は、何事も胸膨らませてチャレンジする、スタートの月なのだ。
 
先ずは、弊社の代表もスタッフも若返りましたので今後ともよろしく
お願いしますと、ご挨拶させていただく。
そして思うに、デザイン職には定年がないことを先輩から学び、
私は喜寿近くまで、健康に恵まれ、友人に恵まれ、デザインの道ひと筋に、
歩いてこれたことを”ちょっぴり”ずうずうしく、誇りに思うようになった。

 
特に、この月は「成せば成る」と思い、何でもプランしスタートしてみる月だ
という意味で私は好きだ。3日見る間の桜かな、3日でもいい、3日坊主でも
構わない、韓国のことわざにある「始まりは半分だ」、何でも始めてみる、
チャレンジすることだ。
結果は何かついてくる。特に3日坊主で終わる時は、なぜそうなったかと
考えるだけでも、すごい進歩だと思いたい。
 
(喜多謙一)
 

PAGE TOP