想定年齢を読む

企業が求人する場合、年齢により応募資格に制限を設けることや、
年齢によって採否を決定することは一部例外を除き禁止されています。
(一部の例外とは、特定の年齢層が他の年齢層よりも著しく不足
している場合などです。詳細は以下参照 
 http://www.jil.go.jp/rodoqa/07_jinji/07-Q05.html )

しかし、企業が求人をする際には大まかにこのあたりの年齢が合うの
ではないか、という想定をしていることが多くあります。その場合、

あらかじめその想定を知っておくことで職務経歴書や面接でうまくPR
できる場合があります。
例えば自分が想定年齢よりも上の場合、企業側は「上司が年下に
なってしまうがこの人はうまくやっていけるだろうか」と心配するかも
しれません。その場合に「過去に年下の上司に仕えたことがあります」
とさりげなくPRできれば先方の心配のタネをつぶすことができます。
また同様に「当社規定ではすぐに管理職試験を受けてもらう年齢になるが、
その能力はあるだろうか」と心配しているかもしれません。面接では
そうした質問が想定されるので、あらかじめ「部下を○名持った経験があり、
○○なことをしてうまく力を引き出しました」などの答えを用意できれば
効果的です。
(そうした経験がない場合もいろいろ手段はあります。詳しくは
過去のブログをご覧ください)
「マネージメント経験」
http://www.bt2.net/blog/2014/03/post-639.html
逆に想定よりも下のようだ、と判断できる場合は「短い期間にたくさんの
仕事をまかせてもらい、担当した製品数の数はこれだけあります」などと
年齢の割には経験を積んでいる、ということをPRできれば有効です。
とはいえ、前述のように年齢の記述を求人条件に書くのは禁止されて
いるので、求人票やWEBの情報からはわかりません。その場合は
おおむね以下の2点が推測材料になります。
・経験年数
経験年数で縛るのは全く問題がないので、ほとんどの求人案件には
応募条件の経験年数があります。
例えば「経験不問」「2-3年程度」という書き方であれば、若い方を想定
している可能性が高いです。
例えば「7年以上」の場合、30歳前後を想定している可能性があります。
大卒が23歳として、+7年で30歳、というわけです。
・モデル年収
企業によっては、想定年収の幅が広すぎるので、例として○歳ならいくら、
という「モデル年収」を提示している場合があります。例えば、
「想定年収350万円から450万円、モデル年収 35歳 400万円」という
イメージです。この場合、企業側が想定している年齢は35歳、という
可能性が高いです。
以上です。
なお、繰り返しになりますが、年齢による制限は禁止されておりますので、
あくまでも企業側の想定であり採用の条件などではありませんので、
誤解のないようにお願いします。
追伸:
いよいよ「かわさき産業デザインコンペ」の締切が2週間を切りました。
商品化を目指すコンペで、グランプリ100万円、賞金総額200万円です。
シルバーウィーク明けの9/25が締切となりますので、ぜひ
ご応募よろしくお願いいたします。
詳しくは以下ご参照ください。
*********************************************************
  ◆第20回かわさき産業デザインコンペ2015作品募集のご案内◆
かわさき産業デザインコンペは、川崎市内の企業がその特性にふさわしい
個別課題を設定し、提案の商品化を目指すコンペです。
実現性・市場性・安全性に優れ、独創的かつ魅力的な提案をお待ちしています。
二十歳を迎えたコンペは、次のステージを目指します。
詳しい課題内容、応募要項などは下記URLからご参照ください。
http://www.city.kawasaki.jp/280/page/0000067852.html
◆個別課題◆
課題A?課題Gの7課題があります
(複数の課題に応募することも可能です)
課題A 板金の特性を活かした新しい生活用品
課題B 保育園・幼稚園で使用する木製主体の据え置き型万華鏡
課題C 石で「和」を感じさせる生活用品
課題D マグネシウム合金の特性を活かしたステップラダー/ステップスツール
課題E 超精密ピン・シャフト加工技術が生みだす新しい生活用品
課題F 「数理造形」を感じさせるメタルクラフト・キット
課題G 博物館・美術館館内員が使用する椅子
◆応募要項◆
●賞/賞金
グランプリ1点(賞金100万円)他 賞金総額200万円
●応募資格と条件
・2016(平成28)年1月29日(金)開催の最終(公開)審査会と表彰式に
 出席できる方(グループ・企業での応募も可。応募点数の制限はありま
 せん。複数の課題にも応募できます)
・作品はオリジナルで、受付締切日(9月25日(金))において未発表の
 もの。
●審査方法
 ・第1次審査 作品パネルとコンセプトシートによる審査
 ・最終審査  第1次審査通過者が制作したモデル及び作品パネル、プレ
        ゼンテーションにより公開審査を行い、各賞を選定します。
●作品応募受付期間
2015年9月1日(火)?9月25日(金)必着
●応募作品提出先
かわさき産業デザインコンペ事務局(株式会社ビートップツー内)
〒105-0012 東京都港区芝大門1-15-1第三高千穂ビル2F
電話:03-5405-1471 ファクス:03-6450-1654
メールアドレス:kcompe@bt2.net 
(持参の場合は事前に事務局まで連絡の上でお持ちください。原則として受付
期間内の平日午前10時から午後4時)
●お問合せ先
川崎市経済労働局 次世代産業推進室 
電話:044-200-0168 ファクス:044-200-3920
メールアドレス:28sangyo1@city.kawasaki.jp
住所:〒210-0007 川崎市川崎区駅前本町11-2 川崎フロンティアビル10階
********************************************************
(下村航)

PAGE TOP