プロダクトデザイナー転職ガイド2020 7)職務経歴書 II

当社の扱う求人案件はプロダクトデザイナーが最も多いです。グラフィックデザイナー、最近はUI/UXデザイナーも多いのですが、いずれも広告やIT企業ではなく、製造業メーカーのインハウス求人が多いのが特徴です。そこで、プロダクトデザイナーが転職する際のポイントを分けて掲載していきます。多くの内容はメーカーを受ける際のUI/UXデザイナー、グラフィックデザイナー/ディレクターにも参考になるのではないかと思います。

※1年ほど前に掲載した内容を、その間の経験からアップデートしたものです。一気に読みたい方はこちら。https://www.bt2.net/oyaku


今回は、転職時にポートフォリオと同様に重要な「職務経歴書」の第2回です。具体的な記載内容についてご説明します。

まず、作品集に力をかけすぎて、職務経歴書が適当になっている人をたまに見かけます。しかし、人事部門の方は作品集ではなく職務経歴書と履歴書しか見ません。油断しているとここで落とされることがあります。また、職務経歴書は、文字ばかりでも読んでくれますので、ビジュアル化しにくい内容についてはこちらで表現しましょう。


1)職歴

何年から何年まで、どこの企業のどの部門に所属し、どのような製品をデザインした、どのような業務を担当した、という点を簡潔に記載します。あまり有名でない企業の場合は、一言、何をしている企業か説明を付けます。
  
新しい順でも古い順でも構いませんが、職歴が長い場合は新しい順に書いた方がわかりやすくなります。

なお、就職してから数年後、留学した、学校に通いなおした、等は職務経歴書では年代の中に入れた方が理解しやすくなります。できれば1行程度で簡潔に。その場合、空白の年が無いようにします。留学準備、就職活動、フリーランスとして受注、等、会社に所属していない年があれば、その間何をしていたか記載します。

特に業務経歴が長い方は、ここで「特筆事項」として何か社内で活躍したエピソード、苦労して達成したエピソードを3行ぐらいで表現すると、より印象的な職務経歴書になります。(逆にそういうものがないとご自身の良さが表現しきれない方が多いので、よくアドバイスしています)

デザイン以外の分野からデザイナーに転向した人の場合ですが、「デザイナーになる以前の仕事」を全く記載しない人がいますが、これはもったいないことです。デザイン業務でも、デザイン以外の仕事の経験が役立つことは多々あります。ですから、最後の方に簡潔に記載しましょう。簡潔に、というのは、ここが長すぎると、デザイン志望ではないと思われる恐れがあります。同様に、社内でデザインと関係ない部門に異動していた時期についても、業務内容を記載しておいた方がプラスになります。

2)能力

どのようなデザインおよびその周辺業務ができるのか、簡潔に記載します。例えばラフのアイディア出しからファイナルレンダまで、もしくは3D図面まで、製造手配まで、操作パネル、画面デザインも、等々。

また、デザイン経験のある分野、例えばコンシューマ向け小型家電、大型家電、オフィス向け家具、等。

使えるソフトウェアも別項として記載します。そのレベル、業務に使っていた/一部のみ使用可能/現在学習中、等も記載します。

話せる言語(英語、中国語等)とそのレベルも記載します。

管理職経験は年齢が上がると重視されるので、もしあれば特別に項目を設けてアピールするとよいでしょう。

例:
<知識、経験>
・樹脂成形に関する知識、デザイン経験
・金属加工に関する知識、デザイン経験
・生活雑貨、美容機器のプロダクトデザイン経験
・パッケージ、パンフレット等のグラフィックデザイン経験
・社内の企画部門、設計部門とのコミュニケーション

<使用できるソフトウェア>
・Illustrator、Photoshop :実務で自在に使用可能
・Rhinoceros :簡易な形状であればモデリング可能
・SolidWorks :基本操作のみ
・AutoCAD :実務にて使用可能
・Word、Excel、PowerPoint:実務で自在に使用可能

<語学スキル>
・英語 TOEIC 645点  読み書き:実務にてメールでのやりとり経験あり。
 会話:旅行会話程度

<管理職経験>
・現在部下2名のマネジメントを担当。(過去最大4名まで経験)

3)職務要約、その他

まず冒頭で、「職務要約」として3行から5行程度で、これまでの職務経歴抽象的にまとめます。例えば以下のような内容です。

大学卒業後、○○メーカーに入社しプロダクトデザイナーとして従事。白物家電を中心にリサーチ、コンセプト決め、アイデアスケッチ展開、デザイン詳細、3Dデザインモデル作成、量産チェック、パッケージディレクションまで担当。特に◇◇では業界シェア3位だった状況を2位に改善することができた。樹脂成型の知識、社内エンジニア部門やマーケティング部門、製造部門とのコミュニケーション経験も多く、難しいデザインを部門長に直接プレゼンをして通した経験もある。

また、職務経歴書の後に1ページ程度を使って代表的なデザイン作品を小さな画像でまとめる方や、職務経歴の右側に小さな画像で代表作品を並べる方もいらっしゃいます。

4)参考サイト

以下は他社のサイトですが、ページ中ほどに掲載のサンプルは、比較的よく見かける一般的なフォーマットです。迷ったらこのフォーマットにならって作成すると無難です。ただし私個人的には、志望動機は履歴書の方に書くようにお勧めします。職務経歴書は何社受けても共通にしたいので。

転職HACKS https://ten-navi.com/hacks/job-change-17-8446

以上です。

なお、もちろん弊社に登録いただいた場合には最初に作品集、職務経歴書を確認させていただきますので、その際に必要であればアドバイスいたします。

<次回は履歴書について記載します>

(下村航)

求人情報ページへ

まだご登録していない方はこの機会にぜひご登録ください。転職の相談とともに、ポートフォリオのアドバイスもします。すぐには転職を考えていなくても構いません。無料です!
※学生の方、未経験の方は当社の対象外となります。

登録フォーム

PAGE TOP