プロダクトデザイナー転職ガイド 17)退職理由(転職希望理由)の書き方

今回は、面接で必ず聞かれる「退職理由」についてです。(在職中の場合は「転職を希望する理由」と置き換えて読んでください。)

プロダクトデザイナーが転職する際のポイントを分けて掲載しています。
※一気に読みたい方はこちら。https://www.bt2.net/oyaku https://www.bt2.net/column_pd 

 
退職理由は通常に作品集や職務経歴書、履歴書には記載する場所がありませんが、面接でほぼ100%といっていいほど聞かれます。
 
職務経歴書の各在籍企業欄にひとこと程度で書く方もいらっしゃいます(例:デザインの幅を広げるため)。転職回数が多い方は、ある程度の納得感のある理由であれば、記載しておくと転職回数が多いことのフォローになります。
 
直前の会社(在職中であれば現在の会社)の退職理由はもちろんですが、転職回数が多い方はすべての会社について聞かれる場合もありますので用意しておいた方がよいかと思います。
 
注意点としては、以下です。
 
– 悪口にならないように注意する
 多くの方は、前の会社に何らかの不満を持って退職されるかと思います。しかし、そこで気をつけなくてはいけないのは、前職場の悪口をいうと面接で印象が悪くなる、ということです。
 
 たとえとんでもない会社だったとしても、面接官はその会社を知りません。ましてや転職経験がない方が面接官の場合は、現在の会社がすべての基準になりますので、ひどい会社が存在するということを想像できません。
  
 そういった方に対して、「前の会社はひどい会社で」ということを熱を込めて話しても、「この方はすぐに不満を持って愚痴を言う人なのではないか」と思われてしまいます。そもそも内容どうこうよりも、人が悪口を言っている様子というのは印象を悪くします。
 
 良い言い方としては、感情を抜きにして事実だけを伝えるようにする方法です。「毎日のようにXX時まで働いていたら体調を崩してしまいまして」「社長がワンマンな方で、10年以上勤務している先輩もアシスタント的な仕事しかしておらず、ここにいても成長が見込めないのではないかと考えました」などです。
  
– その理由が今受けている会社では解消されているか
 よくある理由の一つ、「この会社はエンジニア(開発部門)が強いのでデザインの意見がなかなか通らない」というものですが、それに対して「うちもそうだよ。それをうまく懐柔するのもデザイナーの大切な仕事では?」と返されてしまうとそこで終わってしまいます。
 
– 言い方を注意しつつ、できる限り真実を話す
 矛盾するようですが、言い方を注意して、できる限り事実で回答することをお勧めします。この質問の回答を掘り下げて質問される場合があるからです。
  
– 簡潔にまとめる
 こちらは意外に重要ですが、退職理由にはさまざまなドラマがあるので、異常に長くなってしまう、もしくは言いたくないことが多すぎて異常に短くなってしまう、ということがよくあります。
  
 これは事前に準備しておくことで回避できます。
 
■よくある退職理由
– 会社の将来が不安
 具体的な事実があれば、無難な理由です。例えば給与が滞ったとか、新製品を開発しなくなり、デザイン部の仕事が少なくなってきた、等。
 
– 会社が倒産、もしくは経営不振により会社都合で退職
– 別な地域に転勤になるが、家族のために現在の場所を離れるのが厳しい
– 部署異動になり、デザイン部を外れることとなってしまったが、デザインをやりたい
  これらも無難な理由です。「一身上の都合」と書くと勝手に身勝手な理由を想像されてしまう可能性があるので、こうした理由であれば必ず書くことをお勧めします。
 
– 給与が安い
 よほどの安月給でなければ、印象が悪くなります。避けた方がいい理由です。
 
– 自社製品を一通りやったので、新しい分野に挑戦したい
 これは年齢によるかもしれません。若い方であればよいのですが、ある程度の年齢を重ねた方が新たに挑戦したい、というのは受けいれる側の企業もむしろ経験をあてにして採用するので、採用メリットを感じません。
 この場合は、「分野は違うがこういう技能が発揮できる」という売り文句が必要です。
 
– 上司とケンカした、社長と合わない
 これらの理由は、何らかのフォロー文をつけておく必要があります。
 例えば社長が暴力をふるうとか、人前でどなりちらす、等。
 あいまいな理由では、「うちに入ってもすぐにやめてしまうのではないか」と心配されてしまいます。
 
以上です。
 
最後に
「面接について1」「面接について2」でも書きましたが、求人企業は一緒に仕事をする仲間を探している、ということを忘れないでください。企業側は多くの候補者からあなたを選ぶにあたり、「すぐにやめてしまわないか」という点を心配して退職理由を聞きます。
 
それに対して、「前回やめたのはこういう理由だったのでしかたない。御社では大丈夫です」ということを言外に感じさせる内容であることが大切です。
 

<来週はまた別のテーマです>(下村航)

PAGE TOP