『野次喜多本』登場人物の新たな“ちょっといい話”(10)稲葉 実さん

 

私の友人で主治医の稲葉実先生から『写真集 観測のガリレオ的方法』を頂いた。
私は、彼の事を「多趣味で奥が深く、毎年、本などにまとめているエネルギーは凄い。
町のお医者さんである。」と『野次喜多本』で書いた。
その通り今年は写真集を上梓し、送ってくれたのだ。半端でない。



『写真集 観測のガリレオ的方法』 著者・写真 稲葉 実
発行 文藝出版社 2018年1月1日 初版発行 3、800円

彼は、子供の時から写真が好きで修学旅行などを撮りまくり
大学生になれば父親からもらった一眼レフ、300mmの望遠レンズで撮りまくり、
途中で挫折があったが1991年MACのPower book100を購入、
偉大なソフト「Photoshop」に巡り合い芸術写真にもはまり、
MACの研究会を自宅アパート開催、私も何回か通い教わった。

お医者さん人生、忙しくなると外の撮影よりも内で
“ただただ胃カメラの写真を撮るだけで”過ぎて行ったと本人の弁。
この写真集は2部からなる。1「パリ生活点描」と2「エウロバ」。
2000年秋から3年半に亘る留学時代撮ったもので、
1は、パリ近郊、日帰り往復可。
2はフランスの国内外で撮ったもの。(あとがきより抜粋)

5月末日、私は年一回の健康診断に訪れた群馬県・みどり市の彼の病院で、
この写真集の誕生秘話を聞いた。
はじめは書の本を出そうとしたらしいが、原稿不足で挫折、
子供の時から親しんだ“写真集”に変身したというのである。
やはり多趣味な人は違うとここでも脱帽した。

年一回の健康診断も私の場合、一日、簡易健診であるから、
レントゲン撮影やエコーを診る彼の眼力が頼りになる。
このような素晴らしい写真集を上梓できる彼の眼力は、
私には、信用大であり、彼から異常なしと言われた時は非常に嬉しかった。
やはり健康診断も眼力あるお医者さんに限ると、
ここで “ちょっといい話としてご紹介した。

(喜多謙一) 

PAGE TOP