前回に引き続き作品集、今回は作品の順番の話です。
これも多くの方にアドバイスさせていただいています。

よくあるのは、年代順に並べる方法です。この並べ方だと、
デザイナーになりたての頃の稚拙な作品がしばらく続き、
最も見てほしい最新のデザイン作品にたどりつく頃には
見る側が疲れてしまってパラパラとめくられてしまいます。

そこで弊社では、
作品集は自信のあるものから順番に載せるようお勧め
しています。多くの場合は最近のデザインしたものに
なりますが、受ける予定の企業により、その企業の製品に
近いものを最初に載せることも良いかと思います。

さらに、載せ方にもポイントがあります。

下の図は、弊社がよく説明に使う図です。左側が作品集の
1ページ目、右側が最終ページを示します。タテ軸は、
載せた作品に対する説明の深さを示します。
(図はクリックで拡大します)

作品集の深さ.jpg


作品集の最初の数点は、自信のある作品を数ページかけて
深く、詳しく説明します。

----------------------------------------
とはいえ、文字ばかりの作品集は読んでもらえません。
そこで私がアドバイスする際は、以下のようにお伝えします。

# 特にアピールしたい数点は、右側に作品の全体写真や
# レンダリングを載せる。
# 左側にその写真や部分拡大図を載せてそこに引き出し線を
# つけ、そこの形状の理由などをポイントごとに説明。
# 
# また、部分ごとの拡大図や、説明図を新たに用意しても良い。

大切なポイントを簡潔に見やすく表現することも、デザイン
能力の一つです。説明がうまければ、それもプラスになります。
----------------------------------------

そして、それ以降の作品は1ページ1作品程度で簡単に触れます。

最後の方のページには、自分の能力の幅を見せます。
バリエーションを見せるのに、1ページに10数点載せる場合も
あります。また、パッケージや操作パネル版下など、メイン業務
ではないが経験あり、という程度のものを載せるのもこの部分です。


なお、経歴が長く、いくつかの会社でそれぞれに自信のある
作品がある場合は、会社ごとに分けても良いです。

例えば最近の会社の作品を上図のようにひとまとめにする。
次に、前の会社で最も自信のある作品をもう一度深く説明し、
また上図のように段階を追ってだんだん浅くする、という
構成です。

ただしこの場合は、タグをつけて飛ばしやすくするなど、
重要なところまですぐにたどりつけるような工夫が必要です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.bt2.net/cmt/mt-tb.cgi/877

コメントする

このブログについて

デザイナーの転職紹介を行う
株式会社ビートップツー
運営するブログです。

月別 アーカイブ