2012年3月アーカイブ

スケール感

【 中国便り 】

スケール感の話になると以前は良くアメリカが引き合いに出てきましたが、
下の写真を見て中国の新幹線の駅と思う方がどの位いるでしょうか?
居眠りをしている間に「さあ、空港に着きました」といわれても疑わない
くらいのスケールです。

CIMG9835.JPG

ここは広州と武漢を結ぶ新幹線の主幹駅、広州南駅です。
空港と同様2階(実際には3階)部分が出発ロビーで1階がチケット
売り場と到着ロビーです。
驚くのはまだまだでホームだけで27のホームがあります。

CIMG9847.JPG

ここは地下鉄の駅とは繋がってはいますが新幹線の駅だけです。

新幹線の乗り方を・・・
1、チケットを買います。外国人はパスポートの提示が必要。
2、2階の出発ロビーへ。
3、荷物のセキュリティーチエックをうけてロビー内へ。
4、1等席は別に専用待ち合いブースがありちょっとしたVIP気分。
5、15分くらい前になるとゲート(改札口)が開くので我も我もと
  並びます。
6、エスカレータでホームに降りると既に列車は来ていてホームに
  人が停滞する事は皆無です。

CIMG9850.JPG

ただ、唯一閉口するのは1等席も2等席も共通しますがとにかく
車内がうるさい事、うるさい事。
隣り同士、携帯、iPadで・・・大声で、大音量は等あたりまえで
しかも誰も注意をしない。

毎回感じますが本当に日本は静かな国だと思います。(すべてにおいて)

(井上和世)

デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集の
ビートップツー

ワイドラック

【 気になるデザイン 】

社会人になると勉強が留守になるから、せめて毎日新聞を
隅から隅まで読むように、と大先輩に教わった。そのことが
頭にこびりついていて、何十年経っても暇を見つけては
新聞の切抜きをしている。

最近はブログなどの参考資料をクリアホルダーに分類し、
いつでも見られるようにしてワイドラックに収納している。
このラックも100円ショップで見つけた。

img05060.jpg

嬉しいことにMADE IN JAPANである。しかも
ラック内の部品を使って何段にも組み立て可能、そのアイデアも
簡単で嬉しい。
つい分類を密にし、複雑にしているので迷うことがあるが、
加齢のせいとここでも割り切っている。

『脳を創る読書』の著者坂井邦嘉東京大准教授は、与えられる
情報量が少ないと、人間の脳は想像力で補おうとする。小説を
読む方が映画よりも我々受け手の想像する余地が残っているわけで、
この本のキーワードの一つは想像力です、と著者の弁。

新聞を読むのも読書の一つ考えると、切抜き記事の裏にどんな
情報が隠されているか、つい”想像力”で世の中を見ている
ことになる。マスコミには常に飲まれないようにしたいものだ。

(喜多謙一)

デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集の
ビートップツー

炭素繊維複合材料

【 気になるキーワード 】

最近、よく聞くキーワード、気になる、気にしたいキーワードを
ご紹介します。
今日は、「炭素繊維複合材料」です。

【意味】

「PAN(ポリアクリロニトリル)と呼ぶ特殊なアクリル繊維を
高温で焼いてできる真っ黒な糸が炭素繊維。単独で使うことはなく、
樹脂と混ぜ合わせた複合材料として使う。
鉄に比べて重さが4分の1で、強度は10倍。釣竿やゴルフクラブ
などから、航空機の機体、天然ガスを入れる圧力容器など用途が
広がっている。

【ひと言】

日本企業が40年ほど前から研究開発を続け実用化、世界シェア
70%とすごい。車や航空機の軽量化で需要が増えているというから、
デザイナーも目を離せない材料になった。
レアアースといい、時には地味な材料学も勉強しておきたい。

(喜多謙一)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集の
ビートップツー

グローバルな就活

【 コンサルタント日記 】

米国のデザイナーが韓国から弊社(日本)に、就活の電話を
かけてくる時代になった。


彼はグローバルに活躍できる職場を求め卒業して米国で働き、
次に日本のメーカーで数年勤務した後、契約切れで韓国に渡り、
また日本にいいところがあれば来日して働きたいというのである。

国境なき就活を実践している彼のエネルギーはやはりすごいと思う。

これに負けず日本人も閉塞感のある日本を飛び出し、海外で
就職先を探す若者が増えてきているとマスコミは報じているが、
デザイナーでみる限りは国内に踏みとどまる若者がまだまだ多い。

言葉やスキル(腕)の問題もあり、海外のハードルは高く
動きづらいと思っているのだ。日本から海外へ工場がどんどん
移転する現状を見たら、いずれ海外でのデザイナーの仕事も
増えること間違いなし。

「百聞は一見に如かず」グローバルな就活を目指しいろいろな
機会を捉え、海外の事情を学習する。若い人も熟年の人も、
トライするだけの価値は十分あるように思う。
(喜多謙一)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集の
ビートップツー

このブログについて

デザイナーの転職紹介を行う
株式会社ビートップツー
運営するブログです。

月別 アーカイブ