2011年12月アーカイブ

年賀郵便

【 コンサルタント日記 】

岡本綺堂が、『年賀郵便』で書いている。

江戸時代のことは、敬老の話に聴くだけであるが、
自分の眼で視た明治の東京---その新年の賑わいを
今から振返ってみると、文字通りに隔世の感がある。
三ヶ日は勿論であるが、七草を過ぎ、十日を過ぎる頃までの東京は、
回礼者の往来で実に賑かなものだった。
明治の中頃までは、 年賀郵便を発送するものもなかった。
・・・郵便で回礼の義理を済ませるということはなかった。
まして市内に住んでいる人々に対して、
郵便で年頭の礼を述べるなどは、あるまじき事になっていたのである・・・
日清戦争は明治27年、8年であるが、28年の正月は
戦時という遠慮から、回礼を年賀ハガキに換える者があった。
それらが例になって年賀ハガキがだんだん行われてきた。
明治33年10月から私製絵はがきが許されて、
年賀郵便の流行を助けることになって、
年賀を郵便に換えるのを怪まなくなった。・・・

彼は、結びに、忙しい世の中に多大の便利をあたえるのは、年賀郵便である。
それと同時に、人生に一種の寂寥を感ぜしむるのも、年賀郵便であろう、と。

年賀郵便をメールを置き換えても変らない。
時には、明治の敬老の話に耳をかたむけたい。
良いお年を。

(喜多謙一)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

オートメカニカ

【 コンサルタント日記 】

年に一度の自動車部品の国際展示会、上海オートメカニカに参加した。

日本の部品メーカーは、ジャパンパビリオンに集まり、
中国に事務所を持つメーカーは、独自のブースをデザインして集客をしている。

日本の製品の評判は、細かいところまで良く注意が施されていて、
丁寧に仕上がっている、ばらつきが少ないなどである。
国を代表するジャパンパビリオンブースにも、そんな特徴が良く表れていた。

良くない評判と言えば、現地の視点になりきれず、
加えて、ローカルとのコミュニケーションの不足などがある。
さらに、ドイツやイタリアなどの欧米の展示と比べると、
どこか個性的な魅力に欠ける展示のような気がする。

いずれにせよ、上海の展示会では、溢れる活気とともに、
そんな欠点を乗り越えて行こうとする前向きな人達に接する事が出来る。
海を越えて外側から市場や自社製品を見ると、閉塞感を打ち破る
はっきりとした目標が見えてくるのだろうか。

(N. Koyanagi in 上海)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

デザインコンサルのつぶやき(2011年11月)

【 コンサルタント日記 】

ビートップツーの木全です。
11月から平日毎日一言ずつ、ツイッターでつぶやく事にしました。
今回は、11月のつぶやきをまとめてお知らせすることにしました。
よろしければ、フォローしてやってください。
http://twitter.com/#!/kimatan0313
表記をツイッターとは変えて、上から日付順にしています。

11月1日
五年間活躍してくれたXPノートパソコンがかなりくたびれてきて、
ついに7に買い替えました。驚くほど速いのだけど、まだデータを
入れていないので、携帯して使えない。
クラウドって、こういうとき便利なんだよなぁ。
それにしても五年間全く故障せず頑張ってくれたパソコンに感謝!

11月2日
今日午前中は、東京理科大専門職大学院イノベーション研究科
技術経営専攻で、デザインセミナーしてきました。
ここは真面目そうな男子学生ばかり。
デザイン学校は女子ばかりだけど、男子はこういうところにいたんだ。

11月3日
今日は盛り沢山。午前中、東京理科大大学院で特別講師。
午後は製品開発道場で中小企業15社のプレゼンの講評をして、
夜は嫁さんと三谷幸喜の「すてきな金縛り」鑑賞。
お芝居みたいな映画でその非日常感覚が心地よい。
そういえば学校も商品開発もそういうところがあるかも。
いい1日でした。

11月4日
今日の午後は横浜市デザイン相談で、横浜に行ってきました。
相談のお話を伺っているうちにデザイン相談なのか、
人生相談なのか、わからなくなって来ることがたまにありますが、
今回もそんな感じでした。人生いろいろです。

11月5日
戴いた専門誌を何気なく読んでいたら、来週の打合せに
ぴったりの内容を見つけてビックリ。
こういうのをセレンディピティというのか。
探してないから、シンクロニシティかな。
なんにしろ、人に会うといいことがある。

11月5日
肌身で感じてます。学校でも意欲があるのは留学生
@34418ta 企業OB技術者の海外流出は最近よく聞く話だが、
今日聞いた情報。日本の現場では現役世代の意欲が落ちて
指導しても全く効果がでないんだそうだ。
海外での指導のほうが直に反応があるのでやりがいがあるんだって。

11月6日
ブログと連携はじめました。 http://blog.goo.ne.jp/designsoudan/

11月8日
ブログ更新しました。 産学共同授業について<その5>
企業からのオリエンテーションで、「本気で授業に取組んでいる」
という企業の本気の姿勢を表すことが、学生達のやる気を高めていきます。
そのオリエンテーションの内容は http://goo.gl/r591C

11月8日
横浜ユーザビリティ研究会に参加中。
TOTOの事例や自治体サイトの事例発表など。
研究発表のユーザビリティとかどうなのかな?

11月9日
桑沢デザイン研究所の産学共同授業終了。
来週の企業向け中間プレゼンに向けて、学生達と個別にブレスト会議。
三時間しゃべり詰め。アイデア1000本ノック状態。
楽しいけど、頭と顎が疲れました。

11月14日
平日は毎日一言つぶやくようにしようとしているのですが、
バタバタしてると気の効いたつぶやきが思い浮かばない。
えーっと、今日の晩ご飯はロールキャベツです。

11月15日
ブログ更新しました。書評「スケッチは3分」(山田雅夫著)
スケッチは商品開発会議など、濃密なコミュニケーションが必要な現場で、
もっとも役に立つ手法です。使わないのは、とてももったいないことです。 
http://goo.gl/LGj53

11月15日
今週木曜18時から「第92回かわさきデザインフォーラム」が開催されます。
講師はデザイナーの金山元太氏です。交流会もあります。http://goo.gl/I6u32
このフォーラムは弊社ビートップツーが長年にわたり
川崎市より受託運営しているフォーラムです。当日参加OK。

11月21日
新横浜に移動中。今日の京浜東北線は大変。蒲田横浜間で信号不良、
踏切内自動車立ち往生、線路内人の立ち入り、緊急停止による車両故障。
人と機械の整備不良。みんな疲労が溜まっているのね。午後の授業は遅刻かな。

11月21日
お昼は事故三連発で京浜東北線が遅れて、授業に遅刻。
今は帰宅途中に山手線人身事故で大混雑。
帰宅するまでもう事故がないといいなぁ。帰宅難民じゃないからいいか。
九時前に帰宅できているし。

11月22日
ブログ更新。今回は11月17日に開催された
第92回かわさきデザインフォーラムの報告。
講師はゲンタデザインの金山元太氏。
このフォーラムは弊社ビートップツーが川崎市より受託し
平成4年から運営する由緒あるデザインフォーラムです。(笑)
http://goo.gl/KRF7P

11月23日
いい夫婦の日の翌日ですが、嫁さんと上海蟹食べました。
数年前に本場上海で食べたのよりうまかったような。手が生臭い(笑)

11月26日
秋葉原なう。フォトラの実演展示会に来ています。
50名近くの方たちが熱心に聞いてくれています。立ち見の方も多くいます。
開発に係わったデザイナーとしては嬉しいです。

11月28日
新幹線なう。午前中都内で1.5時間、午後は新横浜で3時間、
あわせて4.5時間デザイン学校で講義して、
明日の名古屋での企業内セミナーのために、新幹線に飛び乗り移動中。
新幹線の中で明日のセミナーの内容最終確認。
おまけにグリーン車。一生のうちには一度くらいそういうこともあるか。(笑)

11月26日 <リツイート>
「インダストリアル・デザイナーになりたいわけですよ。
仕事としてはとても楽しいものだと思う。
時計とか食器とか、アンプの外側をデザインするとか。
でも器用じゃないでしょう。とても起用で、絵を描くのがうまかったりしたら、
自然にそっちの方へ行っていたかもしれない。」谷川俊太郎

11月29日
新幹線なう。名古屋でのセミナーと打合せを終えて、東京に帰宅中。
帰りもグリーン車。疲れていると、グリーン車の快適さが身に染みます。
ふぅ。

<おしまい>

(木全 賢)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

中国華南の風景二題!

【 コンサルタント日記 】

私は、国内外を問わず、出張や旅行に行った際には
必ず地元のスーパーやコンビニ、露店を覗いてみます。

今回は2つのお話を・・・

一つ目は、先日、中国のスーパーを覗いた時の話です。
日本に戻った時に使う調味料等を買おうと、
ウォルマートに行きました。
スーパーといえども、1階は時計や貴金属、
ブランドものの服等の売り場です。

それらを横目で見ながら、スロープ式のエスカレータで
2階の食料品売り場に。そこでいくつかの食品や調味料を買い込み、
3階の家電や日用雑貨の売り場に移動。

ウォルマートという事もありますが、
食料品売り場も、日用雑貨売り場も、余裕のあるレイアウトで
商品は山積みで、明るい照明に照らされ、
節電だ省エネだと言っているどこかの国とは大違いで、羨ましい限りです。
書籍売り場では皆、立ち読みというより
通路に座り込み熟読、図書館の如きです。

その様な光景に驚きつつ、家電売り場に行き、さらに驚く事が・・・

何と、小さいとはいえ、立派な3合炊きの炊飯器が、
48元(12円換算で約600円)で売られていました。
台湾系のメーカーですが、もちろん中国生産の製品です。

余りの驚きに、この事については多くを語りたくありませんが、
「ものづくり」の片隅にいる人間としては、
とても複雑な思いで売り場を後にしました。


二つ目は、郊外に脚をのばした際の光景です。
宿泊先のホテル横の道路に、毎朝露店が出ます。
古き良き時代の中国の風景です。

私は、蒸しパンや果物をかじりながらそれらを見るのも好きです。
昔から「中国人は椅子以外の四つ足、
飛行機以外の飛ぶものは何でも食べる」と言われるくらいですが
本当に何でも売っています。

肉、魚、野菜、果物はもちろんですが、蛙、ガチョウ、カメ等々
テレビのバラエティ番組やクイズ番組が
何本も出来るくらい話題に事欠かない場所です。

行き交う人々のファッションも様々で、
上海万博でも話題になったパジャマ姿から、
ブランドに身を包んだ女性、天秤棒を担いだ農家のおばあさん、
そして荷車を押すおじさん。

今は、その横をごらんのようなポルシェやメルセデスが
大名行列の様に通って行きます。
これも今の中国というお話です。

(井上和世)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

このブログについて

デザイナーの転職紹介を行う
株式会社ビートップツー
運営するブログです。

月別 アーカイブ