2011年1月アーカイブ

安価なコネクター

【 気になるデザイン 】

私の通うパソコン教室の先生が、
100円ショップで見つけてきたコネクター。

デジカメのSDカード等をパソコンに繋ぐための
電子部品・アクセサリーである。
この価格を聞いて、先日、東京新聞の社会時評欄で
作家の高村薫氏が書いていた言葉を思い出した。

『年初には、家電メーカーが揃ってスマートフォン市場への
 新製品投入を発表したのだが、こうした後発の商品で
 なおも、韓国や中国と勝負する発想の
 どこに新しさがあるというのか。
 薄型テレビでも白物家電でも、世界市場での勝負は
 すでについているのではないか。(抜粋)』

「法人税5パーセント引き下げへ…新技術に生かせ」
「今年は政治頼みをやめ、私たちが私たちの力で
新しい価値を作り出してゆくことを本気で考えたいと思う。」
と結ばれていた。

発想の転換、アイデアの新しさ等は、
日本のデザイナーの最も得意とするスキルのはず。
今年は、デザイナー諸氏の出番が一層多くなる年だと、
私は理解し、期待もしている。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

CFカード

【 気になるキーワード 】

最近、よく聞くキーワード、
気になる、気にしたいキーワードをご紹介します。
今日は、「CFカード」です。


【意味】 CFカード (compact flash card)

小型のフラッシュメモリー・カード規格の一つ。
CFはコンパクトフラッシュの略。


【ひと言】

デジカメ用記憶媒体は、CFが、大容量化で有利か、といわれている。
デジカメ用記憶媒体には、CFカード、SDカード、メモリースティック、
xDピクチャカードなどがあるが、容量の問題で淘汰が進み、
現在は、上級機種はCFカード、中級機種以下はSDカードに
ほぼ集約されつつある。

各メーカーでは、次世代メモリーカードの仕様を共同策定し、
標準規格化しようとしているというが、ユーザーにとっては、
一日も早く統一してほしいですね。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

職業のルーツ

【 コンサルタント日記 】

昨年、北京の友人から頂いた本、
『画悦老北京』(The disappearing customs of old Beijing)に
教えられることが多いので記したい。

昔の北京の街で行われていた商売の数々を見ると、
職業のルーツとは何か、おぼろげながら見えてくる。
極論を先に言えば、人がいるところに、人のための職業が成り立つ。
ちょっとしたアイデアでも商売になるということを教えてくれる。
乞食に近いものも含め、200種類もの職業が描かれているから、
当時の北京というところは、今もそうだが、活気があったのだろう。

現在のように、万人向けでないと商売が成り立たないという世界ではなく、
限られた人が買ってくれて、それで生活が成り立てば良しとする、
個人対個人、アナログの世界であった。
大量生産を必要としないから、おのずと自分の趣味をも持ち込み、
自分の腕一つで商売が出来たのである。
その本を見ながら、商売、職業について改めて考えさせられた。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

ウサギの折りたたみ傘

【 気になるデザイン 】

今年の干支がウサギということで、昨年のクリスマスプレゼントなど、
ウサギをモチーフにした商品が人気だったようだ。
家族の一人が、こんなウサギをもらったというのでご紹介したい。

座ることができるウサギで、中には折りたたみ傘が入っている。
ただそれだけだが、ウサギのデザインと、傘のデザインの柄が同じで
統一が取れているし、手縫いの味が出ていて面白く仕上がっている。

折りたたみ傘のケースとしては、不要な部分も付いているので、
もったいない気もするが、プレゼント商品としては、及第。
ウサギという干支は、ヒット商品の定番になることを理解した次第。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

タブレット端末

【 気になるキーワード 】

最近、よく聞くキーワード、
気になる、気にしたいキーワードをご紹介します。
今日は、「タブレット端末」です。


【意味】タブレット(tablet)

1) 錠剤。

2) 木・象牙などの薄板に文字をかいたもの。標札、書板などの類。

3) 鉄道の単線区間で、1区間に1列車のみの通行を認めるものとして、
  発駅の駅長が運転乗務員に交付する金属製の通行票。

4) コンピュータで、図形作成などに用いる板状の入力装置。

【ひと言】

世界の電機・IT各社が、「タブレット端末」と呼ばれる
多機能携帯端末市場に相次いで参入といった記事を
毎日のように見かける。
タブレット端末は、アップルのiPadが市場を切り開いたとされる。

「タブレット」といえば、まず、上記の1)錠剤 という意味が
頭に浮かんだのは、「iPad以前」。
「iPad以後」は、4)の意味が、にわかにクローズアップされそうだ。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

自分次第

【 コンサルタント日記 】

年が明け、後輩のS君に会った。
彼はデザイナーOBで、定年後も活き活きと人生を送っているので、
その秘訣を聞いてみた。

今は、アドバイザーとして、近くのホームセンターでパートしているそうで、
彼いわく、
1)自分の働きたい日に出勤できる
2)毎日お客さんと接してしているから、いい意味で緊張している
3)売り場には、常に新製品が並べられるから、
  その商品知識が求められ、勉強している
というのである。毎日の刺激が彼を活き活きさせているのだ。

レオナルド・ダ・ヴィンチが弟子に告げた言葉に、
あの鐘の音を聞け、鐘は一つだが、音はどうとも聞かれるというのがある。
人生は一度きり。
人それぞれに、パートであれ、派遣であれ、正社員であれ、
そして、どんな仕事に就いているのであれ、
それぞれの環境の中で、そこに楽しみややりがいを見出し、
いかに充実した人生にするかは、自分次第ということなのだ。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

針なしステープラー

【 気になるデザイン 】

今話題の、針を使わず、紙を折り込んで綴じるステープラー、
コクヨS&T『ハリナックス』のハンディタイプ。

綴じ穴は、一ヵ所。用紙を挟んでハンドルを握ると、
長細い三角形の切り込みが入り、紙同士が絡んで留まる。
綴じ穴を確認できる窓もついている。
綴じられるのは、コピー用紙4枚ほど。
針を使うステープラーほどの強度がないが、意外にしっかり綴じられ、
資料などをまとめておくには良い。

シュレッダーにかける時に針を外す必要がなく、針の補充も要らない。
従来の針式ステープラーの常識を覆したアイデアはすごい。
エコにも通じるし、800円前後の商品としては、
取扱説明書もしっかりしていて、廃棄時の分別の仕方まで図解してある。
ユニバーサルデザインだ。

コクヨという社名は、国の誉れになれと、
「国誉(こくよ)」から名付けたのだと聞いたことがある。
こうしたアイデアは、まさに日本発だと誇れるものだ。
独創性あふれる商品たちに、今後も期待したい。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

SOP

【 気になるキーワード 】

最近、よく聞くキーワード、
気になる、気にしたいキーワードをご紹介します。
今日は、「SOP」です。


【意味】
SOP = standard operating procedure

標準作業手続き。
組織がその目的を達成するために望ましいと定め、
さらに関係者によって容認された仕事のやり方の手順。


【ひと言】

マクドナルドに行くと、「こちらでお召し上がりになりますか、
お持ち帰りになりますか」と常に聞かれる。
それは、マニュアルを作ることによって標準化し、
誰にでも同じ事を聞くように指導されているから。
顧客の満足を生むSOPが出来ているのである。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

iPad入門中

【 コンサルタント日記 】

昨年暮れに、私のパソコンが駄目になった。
修理見積りをしたら、35,000円というので、即座に廃却を考えた。
その代わり、今年は電子書籍というものを見てみようと決め、
ボケ防止も視野に入れて、iPad入門を試みた。

最初は、出揃った日本メーカーのものにしようと思い、見て廻ったが、
新刊本一冊の価格が高すぎるので、諦めた。
iPadは、800円でいろいろな古典、版権が切れたものが
読めるというのが、やはり魅力で決めた。
新刊本は、当分、図書館にオーダーすることにした。

iPadを使いこなしている、数人のデザイナーが身近にいることも
購入の動機になった。
彼らから半周遅れのランナーは、彼らから学ぶことが出来るのである。
800円で、古典に近い本を読めることを学んだのも、彼らからだ。

この手の商品は、IDやパスワードを入れるなど、
慣れてしまえばなんでもないことでも、使いはじめには引っかかり、
先に進めないのが困るのである。
私の友人でも、半角で入力することを見つけるのに、
実に半日費やしたという豪傑もいるが、私には耐えられない。
操作に慣れるには、少し時間がかかりそうだが、
ダブルスイッチ機能があることを覚えれば、何とかなりそうである。

今は、メディアと機器と人間の関係(マン・マシン・インターフェイス)は、
時代に応じて変わって行くのだということを、静かに実感しているところである。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

デジカメが踏まれる感覚

【 気になるデザイン 】

いつ頃からか、所かまわず、空いたところに
宣伝物を貼ることが許される、そんな世の中になった。

あるショップの、エスカレータを降りたところに貼られたデジカメの写真、
これ踏まないと先に行けない。

デジカメを踏む感覚は、デジカメのデザイナーやメーカーから見れば、
例え宣伝でも、正直、良い気分ではないのでは?と思った。
デザイナーの顔を踏みつけているようで、私は心苦しく感じた。

そんな甘ちょろいことでは、ビジネス・宣伝はできないと、
外野から聞こえてくる声をよそに、やはり、秩序というものがある。
そんな世の中に住みたいと思った。

私自身、メーカーで宣伝を経験した一人として、
「秩序なくして商売無し」と言い切りたい。
何でも行き過ぎはいただけない。宣伝でもしかりであろう。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

東京スカイツリー

【 気になるキーワード 】

最近、よく聞くキーワード、
気になる、気にしたいキーワードをご紹介します。
今日は、「東京スカイツリー」です。


【意味】

地上デジタル放送への対応を目的とした電波塔。
2008年7月に着工し、完成は2012年の春。
世界一高い634mの自立式電波塔として開業する。


【ひと言】

東京都墨田区に名所・東京スカイツリーありと、地盤が浮上。
完成前から、浅草界隈は観光バスが押し寄せ、もう賑わっている。
高さ634mは、武蔵(むさし)と覚えておくと忘れない。
地場産業のデザイナーの活躍が期待される。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

もてなす心

【 コンサルタント日記 】

縁あって、年末年始は、群馬県高崎市の山奥の宿にお世話になっている。
10年近く通い詰めているから、その山村の変化が、何となく見えてくる。

当初、自治体が作ったものが、あるときから民間経営に変わり、
サービスの質も変わってきている。
大晦日には、餅つきをして村の人達が歓迎してくれた風景や、
どんと焼きのイベントなどは、今はもう無い。
宿も、温泉、カラオケ、卓球台等があるだけの普通の温泉ホテルになった。

それはそれでいいのだろうが、昔のことを知っているだけに、淋しくも思う。
来年からは、別のところを探そうと、10年も通い詰めた愛着のある町と
惜別しようかと思っているところだ。

このように、サービスの質が落ちてしまうのはいただけない。
日本人の客だけでなく、外国の観光客も呼び込もうというのなら、
もっと日本の伝統ある行事を見せてあげるなどすべきだろう。
その「もてなす心」も、大事な日本の文化のひとつだろうと思った。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

年賀を活ける

【 気になるデザイン 】

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします。

先ず、年頭に当たり、東京・浜松町駅にある
世界貿易センタービル内に飾られた活け花をご紹介したい。

お花の世界では、年賀を活けるということは、かなりの修行が
必要だろうと、素人でも理解できる。
この材料の使い方やレイアウト、色彩等々、
どの部分を見ても工夫されている。
言い換えれば、デザインされている。

この世界では、活けるという言葉を使い、我々の世界のように
デザインするとは言わない。
一方では、共に材料、レイアウト、色彩などを駆使する。
時には、デザイナーも、伝統ある活け花の世界に学びたい。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

このブログについて

デザイナーの転職紹介を行う
株式会社ビートップツー
運営するブログです。

月別 アーカイブ