2010年11月アーカイブ

明るい忘年会に

【 コンサルタント日記 】

年の瀬を意識しだすと、すぐに忘年会の話が飛び込んでくる。
忘年会、新年会と続くと、また歳を重ねると思うから、
若い頃とは違って、少し憂鬱になる季節でもある。
明るい忘年会になるように企画するのも、
デザイナーの使命であろうと思う。

ふと、昔の話を思い出したので書く。
「平成」に年号が改まる22年前の年の瀬は、昭和天皇崩御はいつ?と、
なんと無く、既に喪に伏すようなムードが漂っていた。
忘年会などは、もちろん禁止に近い雰囲気の世相であった。
が、当時の漫画家は、こんな時こそ、悲しみを吹き飛ばす
イベントを組むべきだ、大いに騒ごうと息巻いていた。

ムードに弱い日本人から卒業すべき、との
彼らの心意気はすばらしい、と感心した。
景気は気の問題と、彼らはすでに定義していた。
よって、気を持ち直そうと心の入れ替えを提案していたのである。

先取り精神に満ちた、漫画家の心意気は、今でも続いているとしたら、
デザイナー諸氏も、この精神を学ぶべきだろう。
明るい忘年会になるように企画するのもデザイナーの務め。
それを私は、先行デザインのイベントと呼んでいる。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

クリスマス飾り

【 気になるデザイン 】

師走が近づくと、クリスマスの飾りが目に入る。

このニット製品は、「メイド イン ジャパン」と明記してあるので、衝動買いした。
赤と緑のコントラストがクリスマスの定番であるだけでなく、
モビールになっているところが憎い。

この手のアクセサリーは、「メイド イン チャイナ」が多く、
何か物足りないと常々思っていたので、このモビールは気に入った。
部屋にかけてみると、空間の、ある種の小さな空気の動きが感じられ、
夢が膨らむようで、孫達にも受けたようだ。

もちろん、デザイナーのアイデアを、コスト計算し世に出す、
量産化するプロセスは、雑貨でも、どの製品でも同じだし、
その過程をくぐりぬけて世に出たものであろう。
ニット製品の柔らかさ、暖かさが伝わるようで、感心している。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

レアメタル

【 気になるキーワード 】

最近、よく聞くキーワード、
気になる、気にしたいキーワードをご紹介します。
今日は、「レアメタル [rare metal]」です。


【意味】

地球上に存在する量が少ない、あるいは取り出すのにコストがかかる
といった理由で希少性が高い一方、産業には重要な金属のこと。
「産業のビタミン」と呼ばれ、日本では、31種類の金属をレアメタルと呼んでいる。
携帯電話(55g)に使われる希少金属は、金・0.02g、銀・0.14g、ニッケル・0.27g、
タングステン・0.39g、イリジウム・0.005g。
その他、テレビや自動車など、様々な用途で使われている。


【ひと言】

工業製品には欠かせないレアメタル。
外交・政治問題に常に影響されるだけに、資源問題には要注意。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

就職個別指導

【 コンサルタント日記 】

久しぶりにプロ・コンサルタントに会った。Iさんだ。
「真剣に就職活動する人のみ募集」と謳い、
就職・転職活動の個別指導をしているという。

1回目は無料だが、2回目からは有料で、
計6回で8万6千円の授業料がかかるが、
皆、真剣に受けに来るそうだ。

受講生は、「何か良いやり方があるのではないかと、
真剣に就職活動に取り組み、 尚且つ、教育に賭ける、
少しゆとりのある生徒が多いように思います。」とは、彼の弁。

景気が回復したら雇用が増え、転職可能という安易な考え方など、
どこにも無いことを受講生は皆知っているという。
何社受けても、いまだに内定を得ていない30歳代の人もいる。

私自身がそうした状況だったら…と考えると耐えられないし、
本当に精神的に参ってしまわないかとも案じている。
それでも、就職活動を続けなければいけない現実があり、
彼の個別指導の今を、成果を問うてみた。

「教育は有料という意味での真剣さは凄い。
3、4回目まで行かないうちに就職が決まる人が多い」という。
どんな内容をコンサルティングしているかとの質問には、
「それぞれの個人に合わせた、個別で具体的な指導をしているので、
分かりやすいのだと思います」と。
彼の真摯な姿勢と指導力、丁寧さが特徴なのだと私は見た。

転職の歴史に学ぶことをも、プロ・コンサルタントは教えている。
学ぶことで自分を再発見し、トライしていくことで頑強な精神を学び、
そして、もっと自由に、自分に合った職業を選択し、
ユニークな人生を目指して生きることを、彼は個別指導しているのだ。
大学からも講師の引き合いが数多あると聞き、さらに納得した。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

たばこ自動販売機

【 気になるデザイン 】

10月の値上げをきっかけに、たばこをやめた人のうち、
二割の人がすでに禁煙をあきらめたとの調査結果があるそうだ。
禁煙から「三日目」での再開が最も多く、
「三日目」を乗り切れるかどうかが、禁煙の壁だそうだ。

写真は、都営地下鉄構内のたばこ自動販売機。
側面には、「終日禁煙 ご協力ください」と貼り紙がしてあった。
吸えない場所に、たばこの自動販売機を設置。
そこまでしなければいけないのか?疑問を持つ。

米国の食品医薬品局は、喫煙による健康被害を伝えるため、
汚れた肺などの写真を載せた36種類の新たなたばこパッケージ案を発表した。
たばこ規制法に基づく施策の一環で、来年6月までに9種類を選定し、
2012年秋から、国内販売するたばこに表示を義務付ける方針とか。
すでに、「シンガポールでは実施されているよ」とは、香港の友人の弁。

日本も、米国も、シンガポールも、喫煙については、厳しい法律が目白押し、
喫煙愛好者には、受難の時代が続くようだ。
一部では、彼らに同情論もあるが、他の趣味・嗜好に
早急に乗り換えるしかないのが現実。

やはり「現実」は。どこでも厳しいものだ。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

オンデマンド・バス

【 気になるキーワード 】

最近、よく聞くキーワード、
気になる、気にしたいキーワードをご紹介します。
今日は、「オンデマンド・バス」です。


【意味】

「オンデマンド」=注文対応のこと。
東京大学が開発した配車システムを運用し、効率よく住民を運ぶ
乗り合いの「オンデマンド・バス」。
この実証実験が各地で行われている。過疎、高齢化が進み、
交通が不便な地域が多く、七市町村が実用化をほぼ決めたという。


【ひと言】

過疎、高齢化は日々進んでいる。
乗車率の低い公営バスに代わり、登録住民が時間を予約して
マイカー代わりにどこでも簡単に行けたら、乗り合いバスは、
生きがいの足になり、田舎生活も快適になる。
実証実験結果が待たれる。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

感動を与えるデザイン

【 コンサルタント日記 】

日本ハーモニカ芸術協会主催の2010年師範・準師範グレード認定者による
「ハーモニカ コンサート」に出演すると、旧友から案内をもらった。

定年後、ハーモニカを習い始め、超スピードで準師範グレード認定者に
選ばれたのだから、壮挙といえるだろう。
ただし、基礎は中学時代に父親から習ったというから、素人でない。
それでも、半世紀を経てこの実力。
彼曰く、未だ90パーセントまで来たぐらいと謙遜する。

彼の演奏を聴いて、感動を与える音楽というものにしびれた。
人格までもが音になって出ているのだ。

音楽にしびれたから言うわけではないが、
昨今、我々デザインの世界に、感動を与えるデザインはあるだろうか?
しばし考えてしまう。すぐには思い浮かばないのだ。

Gマークのグッドデザイン製品もいいが、
モデルチェンジ毎にデザインが陳腐化してゆくのはどうしたことか。

デザイナーは、ゴミをデザインしているのかという
辛口の評論家もいるが、真に感動を与えるデザインとは何か、
少し時間を掛けてでも考える時代に入ってきているように、私は思う。
ゴミの山を築かないようにしたいものだ。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

鎌倉大仏ライトアップ

【 気になるデザイン 】

東京タワーや鎌倉大仏など、全国100余りの建造物が、
世界糖尿病デーの14日、ブルーにライトアップされた。
糖尿病の予防や治療に関する正しい知識を広めようという、
日本糖尿病協会などによるイベントの一環。
ブルーは、啓発活動のシンボル・カラー。

同協会などによると、糖尿病が強く疑われる人と、
糖尿病の可能性が否定できない人は2,210万人、
この12年間で、840万人増加、特に若い人に発症が増えている。
世界糖尿病デーは、2006年に国連が認定し、
2007年から、日本でライトアップが始まった。

わが国で、2,210万人というから凄い数だ。
知らぬが仏?でもあるまいと、鎌倉大仏のライトアップを見に行った。

啓発活動のシンボル・カラーとはいえ、ブルーのライトは何とも異様で、
いまひとつパッとしない。
世界糖尿病デーのイベントと、私には結びつきが感じられなかった。

観光客はまばらで、ここでもシンボル・カラー選定の難しさを味わった。
このキャンペーンは歴史が浅いだけに、浸透するのに時間が必要なのか。
この日、4時間前にはオバマ米大統領が訪問したという
この鎌倉大仏にて、自問自答した。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

環太平洋戦略的経済連携協定

【 気になるキーワード 】

最近、よく聞くキーワード、
気になる、気にしたいキーワードをご紹介します。
今日は、「環太平洋戦略的経済連携協定」です。


【意味】 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)

2006年にシンガポール、ニュージランド、チリ、ブルネイの4カ国で発効させた、
すべての物品について、原則として関税を撤廃する自由貿易協定(FTA)。
現在は、米国、オーストラリアなども参加を表明し、計9カ国で交渉中。
米国は、11年11月に同国で開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)
首脳会議までの妥結を目指しているとされ、日本も参加に向けた検討を表明している。


【ひと言】

先回のEPA,やAPECなど、このところ新聞を読むたびに横文字に悩まされるが、
これも世相の動きとして、辞書など手にして調べたい。
私など、ボケ防止の一端と高を括っているが、いつまで続くか分からない。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

大学に「就活休み」を

【 コンサルタント日記 】

大学の先生である友人曰く、学生は11月頃から就職活動で忙しく、
大学に出てこないし、誰も勉強しないのだそうだ。
何ともふがいない大学になりつつあると嘆くことしきり。

いっそのこと、大学入試のように、一斉に一回の入試で、
受かる or 落ちるの判定がある方が、いいのでは?
落ちれば浪人して再度挑戦する方がメリハリがある、と説く。

今の就職活動は、規制が無いに等しいから、
この11月ぐらいから始まっている。
学生は、就職活動のため、勉強どころではなく、
時間を作っては会社訪問を繰り返す、
そんな日々を送っているというのである。

従って、大学生活の後半は、就職活動がメインで、勉強はサブ、
これは、新卒一括採用の慣行が残ったまま、
企業の採用が自由化された結果であるとか。
大学では、落ち着いて勉強できないしくみである。
こんな中から優秀な人材は出ないし、
ましてや、ノーベル賞を獲れるような人は出て来ない。

だとしたら、各大学は自主性を貫き、卒業単位を得た時点で、
就活休みを与えるという制度を採り入れ
大学入試のような就職試験制度にした方が、
本来の大学に戻るように思う。

但し、もしも就職活動に敗れたとしても、
次年度、再度挑戦できるチャンスを与えられる
社会でなければならないことは言うまでもない。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

「Please Please Me」

【 今週のオススメ 】

面白い展示会を見て来た。
「Please Please Me」と題されたコンセプト提案だ。

会場で、メーカーのデザイナーと会い、プロダクトデザイナーが
どこまで楽器のデザインに携わるのか聴いてみる。
時には、そんな銀ブラをおすすめ。


■「Please Please Me」?ギターと、人と、(Yamaha Design Exhibition 2010)
■2010年11月6日-11月14日(11/10日休館)
■入場無料
■ヤマハ銀座店 地下2階スタジオ
http://www.yamaha.co.jp/design/please_please_me/

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

おみくじの自動販売機

【 気になるデザイン 】

景気に左右されない産業は何か?

その一つは、神頼みの神社、仏閣であろう。
鎌倉の鶴岡八幡宮も、今月に入り、
「七五三」のお宮詣りで賑わっている。

人の人生には、成長につれて経験してゆく通過儀礼が
いくつかあるが、七五三の祝いもその一つ。
奇数を三つそろえたのは、奇数をめでたい「陽」の数字とする
中国の陰陽思想の影響だといわれている。

さて、その参拝する順番待ちの受付横に、
おみくじの自動販売機が置かれているのには驚いた。

着飾った子供達は、ジュースを買うような感覚で、
お札を手に入れていくので、便利だとも言えるが、
私は、何だか割り切れないような気持ちになった。

従来のように、巫女さんから手渡しされた方が、
神頼みのご利益がありそうに思えるから不思議だ。

貴女・貴方は、便利な自販機と手渡し、
どちらがお好みですか。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

世界が職場

【 コンサルタント日記 】

日本の不景気は、工業デザイン界をも
例外なく元気の無いものにしている。
先日も、川崎でデザイナーの集まりがあり、
皆に聞いてみたが、やはり暗い話が多かった。

ところが、元気印のお隣の中国などは、
「デザイナー急募」というケースは多いと聞く。
先日も、台湾生まれの女性で、カナダの大学を出て、
米国企業で働いていたがリストラに遭ったため、
再就職したいと弊社に打診があった。
中国・北京の提携会社で転職先を探してもらっているが、
脈はあるらしい。

彼女の場合、世界が職場である。
国は問わず、世界中から職場をチョイスする、
グローバル時代のグローバルデザイナーと言えよう。

台湾生まれで母国語は中国語、カナダでは英語。
日本語は出来ないが、2ヶ国語が堪能なら、
どこでも働けるのがデザイナー職。

グローバルデザイナーを目指すなら、
「武者修行」をも含めて、世界が職場という考え方で、
どこへでも行き、トライしてみるという生き方もある。
考えてみたい。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

リール・ストラップ

【 気になるデザイン 】

携帯電話の落下を防ぐため、リール・ストラップを使い始めた。

「通話、メール、おサイフ機能の使用時など、
 あらゆるシーンでご使用でき、
 最長60cmのコードがリールに収納されているから、
 出し入れ簡単……」

などなど、特徴が書かれている。

以前使っていたものは、すべてプラスチック製で、
フックの部分が割れて接着も出来ず、諦めて、今度は金属製にした。

コストが安ければ、材質には拘らない、
強度などを考えれば金属が適していても、
安いプラスチックで結構…という時代になってから久しい。

ところが、毎日使う家の鍵などはすべて金属製、プラスチックは少ない。
材質選びは、適材適所が要であり、
外観だけ真似て作る製品は、いただけない。

ユーザーも、使い込んで学ぶ段階に入った。
メーカーも、それに応えないと生き残れない時代になってきている。
材質選びは大事である。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

このブログについて

デザイナーの転職紹介を行う
株式会社ビートップツー
運営するブログです。

月別 アーカイブ