2010年7月アーカイブ

健康寿命

【 気になるキーワード 】

最近、よく聞くキーワード、
気になる、気にしたいキーワードをご紹介します。
今日は、「健康寿命」です。


【意味】

何歳まで健康に暮らせるかを示す数字。
平均寿命から、日常生活を大きく損ねるケガや病気、
寝たきり状態などの期間を差し引いた年数で算出する。
従来の「平均寿命」より、実質的な健康状態を反映する
重要な指標として、00年から世界健康機関(WHO)が
国際比較した数値を発表。
03年の日本人の健康寿命は、女性77.7歳(平均寿命は85.3歳) 
男性72.3歳(平均寿命は78.4歳)で、4年連続世界一。


【ひと言】

政府の経済財政諮問機関が策定した「日本21世紀ビジョン」では、
2030年に、健康寿命を現在より5歳ずつ上げて、
平均80歳にすることを目標にしている。
目標も良いが、それに向けての日々の取り組み方、
政府の長期ビジョンが示されていないと、
目標のみになり、絵に描いた餅になる。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

パリ祭

【 コンサルタント日記 】

7月14日は、フランス革命記念日。
敗戦から2年後、この日、たまたま会場があいていたので、
日本で初めてリサイタルを開いた、シャンソン歌手の石井好子さん。
「パリ祭」と呼ばれたその日が、石井好子さんの代名詞になった。
若き石井さんが名を成していくさまは、戦後日本が立ち直っていく姿と
みごとに重なる、と日経新聞の「春秋」が記している。

その石井好子さんに20年程前、一度だけお会いしたことがある。
確か、漫画家・横山隆一さん宅のお花見の席だった。
当方、音楽、シャンソンなどには興味がない「デザイン馬鹿」ゆえ、
横で、温和なきれいな人だなあと、お話を伺っていたに過ぎない。
今思えば、もったいない話だ。

その2年後、フランスに出かける機会に恵まれ、
良くシャンソンを耳にするようになったから不思議。
食わず嫌いが故に、大きなものを見落とすとは、昨今の私の反省の弁。
日本の「パリ祭」を育てた恩人として、記憶に残る人を失った。合掌。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

日中パッケージ比較

【 気になるデザイン 】

上海からのお土産をもらった。
さすがに中国のデザイナーの作品だと、感心して眺めていた。
偶然、日本のドラ焼きも頂き物があったので、
二つのパッケージ比較を試みた。

キャラクターといい、色使いといい、日本と中国のパッケージには
大きな違いがあることに、いまさら驚く。
中国のパッケージには、発展途上国の勢いが、「動」として感じられる。
一方、日本の方は、和菓子ということもあり、筆文字やゴールドを使い、
落ち着いた「静」が感じられる。
今も昔も、デザインというのは、刺激を求めて、次なる作品を
築き上げるものだとしたら、時には、日中パッケージ比較的な試みをも
是非してみて欲しい。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

次世代自動車

【 気になるキーワード 】

最近、よく聞くキーワード、
気になる、気にしたいキーワードをご紹介します。
今日は、「次世代自動車」です。


【意味】

ガソリンなどの化石燃料の使用を大幅に減らした車。
政府は、ハイブリッド車(HV)、プラグインハイブリッド車(PHV)、
電気自動車(EV)、燃料電池自動車、低公害ディーゼル車の5種類を
次世代自動車と定義。2020年までに、新車販売に占める割合を
最大50%にする普及目標を掲げている。


【ひと言】

世界各国で自動車に対する環境規制が強まるなか、
自動車各社は、生き残りをかけて開発を強化している。
次世代自動車は、技術立国日本の技術・デザイン力が
試される機会でもあり、日本が生き残りをかけて
チャレンジする課題でもある。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

秋山孝の絵本

【 今週のオススメ 】

秋山孝ポスター美術館「開館1周年記念展」を見て来た。
彼の故郷、新潟県長岡市の雁木と金庫扉のある古い銀行を
リニューアルし、オープンしてから1年経った。
その間、彼は、タイ・バンコクや、中国・上海、松江(ソンジャン)美術館で
個展をこなし、いろいろなポスター制作にチャレンジしている。

今日は、彼のユニークなイラスト入りの絵本を紹介したい。

この絵本は、まぐろのキャラクターである「マクロウくん」に対して
親しみが持てるようにしたもので、海の魅力や自然に対する愛や
ユーモアを込めて、簡単な言葉を13ヶ国で表示し、
楽しく遊べるように工夫されている。

この夏休み、たまには子供の絵本の世界を覗いてみるのもおすすめ。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

天国と地獄

【 コンサルタント日記 】

週末は、連休を思い切り楽しんだ。
週明け、会社に出ようとしたら、首が廻らなく、
首の周りが強度の痛みに襲われ、動けなくなった。
脳梗塞の前兆かもしれない、と救急病院に行くはめになった。
家族の車に乗せられても、車の発進、停車のたびに、
ものすごく首は痛いのである。
まるで、ムチ打ち症の痛みでは?と思うぐらい痛い。

保険証を提示し、簡単な問診を書くと、
すぐに救急の先生が診てくれるという。ありがたい。
しかし、診察室7番ですよと言われても、
首を動かせないから番号が読めない。
すかさず「読めないです」というと、親切に診察室まで付き添ってくれる。
簡単な診察の後、レントゲン室を教えてもらうが、
またしても部屋の表示が読めないので、先生に付いてきてもらう。

床にも番号や案内があれば、這ってでも行けるのに…。
どの案内表示にも、ユニバーサルデザインのかけらもないのに驚く。

レントゲン結果を診ながら、頭や骨に異常なし、筋肉痛ですねと、
何とも簡単に飲み薬とシップ剤が出ることになった。
会計を済ませ、薬を持って帰って下さいと、窓口番号を言われても、
またまた動かない首では読めないので、事務の人に助けてもらう。

結局、この激痛は、連休の一年振りのゴルフの後遺症と分かり、納得。
ゴルフを満喫した連休と、その後の首の激痛は、まさに「天国と地獄」。
準備運動もしないでラウンドしたのが大きな間違いと、猛反省。

それにしても、こんな大病院でも、ユニバーサルデザイン感覚が
乏しいことが分かり、がっかりすると共に、デザイナーの活躍する場が、
まだまだこんなところにもあると思った。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

視聴率

【 気になるキーワード 】

最近、よく聞くキーワード、
気になる、気にしたいキーワードをご紹介します。
今日は、「視聴率」です。


【意味】

テレビのある番組が、一定の地域内のどれだけの人、または世帯で
見られたかを示す割合、テレビ番組を視聴していた割合のことで、
ビデオテープレコーダーやHDDレコーダーによる録画、再生、
ゲームによるテレビ利用などは含まない。


【ひと言】

サッカーのワールドカップで、日本がデンマークに勝ち、
決勝トーナメント進出を決めた試合が、視聴率40パーセントを
超えたなどと報道された。

また、時代を反映してか、テレビ朝日系の
『そうだったのか!池上彰の学べるニュース』などで
キャスターを務める池上彰氏が、テレビでひっぱりダコだ。
彼がNHKに勤務時代の番組『週刊子供ニュース』の分かりやすさを
考えてみても、今、彼が「視聴率請負人」などと期待されているのが
よく分かる気がする。

現在のテレビ界においては、視聴率が客観的指標として
最も使用されているため、その数字を追いかけるが故の弊害もある。
刺激的な内容を求めるあまりのやらせ、捏造や、
過去には、某局による視聴率不正操作問題もあった。

なにごとにも、客観的指標は必要かもしれないが、
数字にばかり踊らされることの問題点も多い。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

世界共通語

【 コンサルタント日記 】

「サッカーのワールドカップは世界共通語。もっと楽しもう」と、
どこかの新聞が書いていた。
世界のほとんどの国で盛んなスポーツだけあり、世論の盛り上がりは凄い。
日本も、8強は逃したが、号外が出たほどで、
参院選よりも国民の関心が集まっていたように思った。

7、8年前、スペインはマドーリードのデパートで目にした、
子供達のサッカーボール遊びを、つい思い出した。
売り場には、サンプルとして自由に遊べるボールが置いてあるから、
彼らは、売り場で所狭しと蹴って楽しんでいるのにはびっくりした。

小さな子が、巧みに操るボールを、感心して見ていたことを思い出し、
スペインのW杯初優勝は、遅いぐらいだとも思った。
あのぐらい、サッカーが盛んな国であれば、世界一にもなれるというもの。
「好きこそ物の上手」というわけだ。

次回2014年は、64年ぶりにブラジルで開催される。
地球の反対側で行われる大会で、日本はどこまで戦えるのか。
サッカーファンではない私であるが、今から楽しみである。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

テープカッター

【 気になるデザイン 】

低価格でも、アイデアを付加し、安全を確保している文具、
テープカッターを紹介したい。

スライドして刃先が収納できるから安全だし、
マグネット付で、クリップが付けられるなどの工夫もあり、
身近な文具として愛用している。

もちろん中国製だが、デザインは日本である。
上海万博での日本館、中でも、日本の文具売り場の
人気が高いというのは分かるような気がする。

身近な文具などから、ユニバーサルデザインが浸透しているのは、
諸外国の目から見たら、「さすが日本」と映るのだろう。
小さな工夫を積み重ねる、この身近な文化を大事にしたい。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

AO入試

【 気になるキーワード 】

最近、よく聞くキーワード、
気になる、気にしたいキーワードをご紹介します。
今日は、「AO入試」です。


【意味】

AO入試(エーオーにゅうし、アドミッションズ・オフィス入試)

出願者自身の人物像を、学校側の求める学生像(アドミッション・ポリシー)と
照らし合わせて合否を決める入試方法。
学力試験の結果で合否が決まる従来の一般入試とは異なり、
志望理由書や面接などにより、出願者の個性や適性に対して
多面的な評価を試み、学力は問わない点に特色がある。
現在では、大学入学者の半数近くが、従来の学力検査(「一般入試」)とは
異なる方式で大学へ進学している。


【ひと言】

この制度への評価は見直されつつあり、九州大学法学部は、
一般入試入学者に比べて、AO入試入学者の成績が低下傾向に
あることを理由に、2010年度から、AO入試の廃止を決定した。
また、2009年度には、筑波大学の社会・国際学群のみが
AO入試にあたるAC入試を廃止し、同年、一橋大学もAO入試を廃止した。
いずれも、AO入試組の学力不足や入学後の学業不振を
廃止理由の一つに挙げている。

いま、AO入試制度は転換期を迎えており、
デザイン学部も、同じ問題を抱えている。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

職場教育

【 コンサルタント日記 】

転職のお世話をしていると、求職者には、デザイナーとしての
実務経験の豊かさが求められる場面が、少なからずある。

先日も、ある企業に面接に行ったプロダクトデザイナーが、
残念ながら採用に至らなかった。
デザイン部門からのアウトプットを、設計部門がどうやって
製品化につなげるかという、設計・製造工程の知識が乏しいから、
というのが、その理由だった。

彼には「第二新卒」な寄り道が多く、実務経験が少ないことは、
こちらも十分わかっていたが、望みとしては、
「職場教育」で育てて欲しい、育てる価値がある『人財』である
ことを見込んでの推薦だった。
しかし、「弊社では、30歳を超えたデザイナーを一から育てる
余裕も、時間も、ありません」との返事だった。

今は、昔のような丁稚奉公的なカタチで、デザイナーの面倒を
見てくれるデザイン事務所も無く、企業とて、職場教育で
デザイナーを育てる余裕も無いとしたら、
人材教育、デザイナー教育の将来は暗い。

社会も、企業も、今だからこそ「ものづくりの原点に戻って、
クリエーターをどう育てるか」に真剣に取り組まないと、
ものづくり・日本の将来はないように思う。
淋しい話で恐縮だが。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

サクランボ容器

【 気になるデザイン 】

納豆は好きだが、タレやからしなどの小さな袋は、
出すときに中身が飛び出したりするから、
急いでいるときなど、遠慮することがある。

このサクランボ容器は、開けやすく、閉めやすく、
さらにロックが利く点が優れている。
はじめて見た人にもわかり易く表示してあり、
矢印の方向に動かせば、開け閉めできる。

少し食べて保存したいときは、真ん中のところを押せばロックでき、
左に動かせば固定し、簡単に冷蔵庫などに保管でき、
昨今、重宝している。
このような、使い捨て容器でも、開けやすく、閉めやすいことを考え、
工夫する人がいることに感激する。

身近なユニバーサルデザインの一例と思い、紹介した次第。
サクランボ好きな、孫に教えてもらった。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

このブログについて

デザイナーの転職紹介を行う
株式会社ビートップツー
運営するブログです。

月別 アーカイブ