2010年6月アーカイブ

アーバン・ストラクチャー

【 気になるキーワード 】

最近、よく聞くキーワード、
気になる、気にしたいキーワードをご紹介します。
今日は、「アーバン・ストラクチャー(urban structure)」です。


【意味】

urban : 多く複合語の形で用い、都市の、都会的な、の意を表す

structure : 構造、構成、建造物、形態


【ひと言】

アーバン・ストラクチャーは、都市を構成するエレメントのうち、
もっとも中心的なものを指している。
道路や、電気・ガス・水道等のエネルギー配送管、
およびそれらを含めた建造物などがある。

都市計画・デザイン分野の専門用語。
発展目覚しい中国で、最近よく聞く言葉である。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

iPadはユニバーサルデザインか

【 コンサルタント日記 】

『革命的で魔法のようなデバイス。しかも、信じられない価格で。』
『ウエブ、メール、写真、ビデオを体験する最高の方法です。』
『大きく美しいマルチタッチスクリーンで、
 指先で触れるだけですべてが楽しめます。』

これは全て、iPadの宣伝文句。
ここまで、カタログに書ける商品も珍しいと思い、ご紹介した。

ところで、ユニバーサルデザインとは、ご存知、文化、言語、
国籍、老若男女といった差異、障害、能力の如何を問わず
利用することが出来る施設、製品、情報の設計(デザイン)をいう。

ユニバーサルデザインの7原則とは、
1)どんな人でも公平に使えること。
2)使う上で自由度が高いこと。
3)使い方が簡単で、すぐに分かること。
4)必要な情報がすぐに分かること。
5)うっかりミスが危険につながらないこと。
6)身体への負担が軽いこと(弱い力で使えること)。
7)接近や利用するための十分な大きさと空間を確保できること。

iPadを使い出した友人曰く、
「これぞユニバーサルデザインの7原則を超えたベスト商品」
だという。
嘘か真かは、ご自身で手にとって見て確かめて欲しい。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

号外

【 気になるデザイン 】

犬も歩けば棒に当たるように、今月は街を歩いていて、号外を2紙、手にした。
6月2日の鳩山首相辞任と、6月25日の日本快勝16強、
サッカーW杯一次リーグ突破である。

辞書によると、号外とは、新聞などで、重大な事件が突発したときなどに
臨時に発行するものとあるから、上記2件とも、それに値するのだろう。

しかし、宇宙探査機「はやぶさ」7年ぶりに帰還というニュースもまた、
私は、号外に値すると思うのだ。
2003年5月に打ち上げられ、小惑星「イトカワ」を往復した「はやぶさ」は、
今月13日夜、オーストラリア南部ウ―メラ付近の砂漠を目がけて大気圏に突入、
なんと7年振りに地球に帰ってきたのだ。
月以外の天体との往復は、世界初の快挙である。
無人探査機で、より遠い宇宙を目指す日本の技術力に、
大きな誇りをもてる出来事ではないか。
時に、号外の基準について、新聞社のお偉い方に問いたいものだ。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

セマンティック

【 気になるキーワード 】

最近、よく聞くキーワード、
気になる、気にしたいキーワードをご紹介します。
今日は、「セマンティック(semantic)」です。


【意味】

1) 意味に関する

2) 意味論の、記号論の


【ひと言】

「意味論」とは、言語その他の記号が持つ意味について研究する学問。
その研究ジャンルは言語的な意味論、哲学的な意味論、一般意味論の3つである。
フランスのピエール・ギローは、記号は象徴のためのイコン(像)と、
コミュニケーションのためのシンボル(象徴)とに分けて考えた。
さらに、イコンは芸術に、シンボルは情報理論に、それぞれ結び付くものと考えた。

デザインの分野では、特に、ビジュアル・コミュニケーションとして、
研究され、取り入れられている。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

病院のユニバーサルデザイン

【 コンサルタント日記 】

脳梗塞で倒れてリハビリ中の友人を、仲間数人で見舞った。
スマートで温厚、彼ほど健康な人はいないと思っていただけに、
倒れたと聞いたときのショックは大きかった。
6ヶ月近くたった今でも、右半身は麻痺しており、
リハビリには、まだまだ時間がかかる。
それでも、「命拾いした」とは本人の弁。

今回、リハビリの病院をはじめて訪れ、ユニバーサルデザインが
どこまで浸透しているのか、少し覗いて来たので記したい。

玄関を入ってすぐの受付は、パソコンが十数台並んだオフィス。
オペレーターの女性が目に入る。病院とは思えない風景だ。
受付で友人のいる病棟を教えてもらったのだが、
病室を探し当てるのは、やはり、看護婦さんに聞くのが早い。
病室は、個室ではないから、人の出入りが激しく、落ち着かない。
廊下には、手すりがついていて、患者さんの毎日のリハビリの場所、
車椅子の人のリハビリが目に付く。
昼近くだったこともあり、同じフロアの食堂も活気がある。

そこは、まさに「日常」。
ざわざわした空気だったのには、驚いた。
今流行の「癒し」だとかはどこにもない。
病院にとってのユニバーサルデザインとは何なのか、
しばし考えさせられた。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

ベーシックデザイン入門

【 気になるデザイン 】

あるユニバーサルデザインセミナーの講師を頼まれ、
「テープカッター」を課題にした実技指導も行っている。
ただテープを切るという単純な機能のみ必要なものであるから、
デザインの基礎教育としてはベストとして、毎年採用しているが、
世相を反映してか、毎年違った結果が出るので面白い。

今年は、画期的な扇風機の開発者である、James Dysonを紹介しながら
この実技指導を行っている。
「羽根がないから、ムラのないスムーズな風」という、あの扇風機である。

一方、テープカッターは、「テープを切る」という単純な機能のみで、
メカのない分、素人でもデザイン可能。

こうして今年の講座では、このDyson製品や、先月発売された
話題のiPadのデモを見ながらの講座となっているのである。
時代が確実に移り変ることを実感しながら、
ものづくりの原点だけは押さえておきたいと思っている。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

G2

【 気になるキーワード 】

最近、よく聞くキーワード、
気になる、気にしたいキーワードをご紹介します。
今日は、「G2」です。


【意味】

「グループ・オブ・2」の略。
二大国の米中が主導して、気候変動、地域紛争などの
グローバルな課題に取り組むという考え方。
カーター政権の国家安全保障担当大統領補佐官だった
ブレンジンスキー氏が発言元とされ、バーグステン氏が
米中首脳の手沖協議の開催を提案して流行語となった。


【ひと言】

世界秩序の枠組みに中国を取り込もうとする
米国の思惑がちらつくため、中国は一貫して否定的だそうだ。
それにしても、カーター政権の時から、この言葉を使い出すなど、
やはり米国は先を見ている。
日本も、そろそろ、その先を読みたいものだ。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

お客様は優等生

【 コンサルタント日記 】

頭の良い人は、メモは取らない。
覚えられるから、メモを取る必要がない。
しかし、当方は頭が悪いときているから、
昨今は、色数の多いボールペンで、やたらメモを取っている。
その結果、ボールペンの替芯をよく買い求めることになる。

先日も、黒と赤がなくなったので、売り場で探すが分からない。
以前使ったパッケージを持参したのに、見つからないのだ。
そこで、お店の人に頼むと、これですよと探してくれた。
ラベルがモデルチェンジしていて、気付かなかったのだ。

そこまで気付かず、お手数かけてごめんなさいと言うと、
「いや、お客様は優等生ですよ」と言われた。
「以前のパッケージをお持ちになったのですから」と。
細かなボールペンの番号をみて、替芯を探し当てるのは、
販売員とて難しい、よって、前のパッケージ持参のお客様は、
我々から見ると「優等生」ですよ、と再度褒められる。

誰にでも使いやすい商品を求めて、ユニバーサルデザインが
声高に叫ばれていても、この分野にまで浸透していない現実を見て、
デザイナーの役割も、まだまだたくさんあると思った。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

殺虫剤

【 気になるデザイン 】

家庭菜園では、レタスなどは、無農薬栽培で十分育つが、
キャベツなどは、アブラムシが付いたりと、栽培が難しく、
このところ諦めていたが、ふと売り場で目に付いた、
「自然派志向」を謳った殺虫剤を手にとってみた。

『有効成分は食品成分です』、『化学殺虫成分 不使用』とある。
殺虫剤はすべて化学薬品から出来ていると思い込んでいる人には、
『有効成分は食品成分です』というくだりは、理解しにくい。
私は、「収穫前日まで、何度でも使える」という言葉や、
散布しても有害でないというラベルを見て使うことにした。
さらに、「農林水産省登録番号」なるものも書いてある。
一応は、お上を信用している家庭菜園主なのである。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

コンシューマー

【 気になるキーワード 】

最近、よく聞くキーワード、
気になる、気にしたいキーワードをご紹介します。
今日は、「コンシューマー(consumer)」です。


【意味】

消費(消耗)する人、消費者のこと。
生産者・販売者に対するもの。生産活動・販売活動に対して
消費活動とのターゲットであり、経済単位としての概念。

【ひと言】

コンシューマーは、デザインの不備やメリットについて判断を下す。
その意味で、マーケットリサーチなどで、その要求を探り出し、
製品の計画・設計に反映させる。
何気なく使っている言葉だが、
コンシューマーすべてを満足させることは難しい。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

手描きスケッチ

【 コンサルタント日記 】

以前から、デザインは楽しく学ぶことだと思っている。
学ぶことに、楽しさなんてあるのかと、受験生諸君からは
反論がありそうだが、やはりデザインは、楽しくなければ
学ぶ価値がないようにも思う。

先日、若いデザイナーに、イタリアのデザイナーの
ボールペンで描いた一枚の手描きのスケッチを見せ、
ここまで描けるかと投げかけたところ、しばし沈黙してしまった。
そして、彼曰く、今は簡単に手描きし、スキャンし、
フォットショップで色をつけて仕上げるから、
スケッチなどに時間を割けないという。
また、ボールペンでの手描きスケッチも、
見たことがないというのには驚いた。

ここまで能率主義が徹底しているのも、悪いことではない。
しかし、手描きはデザイナーの原点というべきものであり、
こうした手描きのアイデアスケッチの良し悪しで
採用が決まることがあるのだ。
そう伝えると、彼は、ここまで描けるように勉強したいと、
そのボールペンで手描きされた一枚のスケッチを持ち帰った。

手描きのアイデアスケッチの楽しさを知らないコンピュータ世代が、
日本にも、どんどん増えているのだと実感した日だった。
と同時に、チャレンジする若者もいることに安堵した日でもあった。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

古本のマーケティング

【 コンサルタント日記 】

わが町内の月曜日は、資源ゴミの回収から始まる。
土日で剪定した枝葉や、ダンボール、古本、新聞紙も出せるので、
それらを集積所へ出すのが、週初めの私の日課になっている。

しかし、その中でも、古本を出すのは苦手である。
両手で持てるだけ持ち込んでも、古本屋での買取価格は
500円にもならないから、交通費も出ない。
ならば、資源ゴミに出せば良いとは思うのだが、
本は、愛着があり、捨てにくいのである。

毎週行く古本屋に、105円で、
『日本のモノづくりは世界のお手本なんです。』
という立派な本が並んでいたので手に取った。
10年前に発行された本だが、読み応えがある。
それが105円である。
かねがね、「古本のマーケティング」はどうなっているのか
疑問に思っていたが、安く仕入れて、安く売る、
ビジネスの基本ができているのである。

古本には、一行でも役立つフレーズがあれば、良し。
今後、リサイクルのマーケティングも、更に盛んになること間違いなし。
そう思いませんか。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

アクセシビリティ

【 気になるキーワード 】

最近、よく聞くキーワード、
気になる、気にしたいキーワードをご紹介します。
今日は、「アクセシビリティ(accessibility)」です。


【意味】

1. 面会(接近、入場、利用、入手)の可能性。理解(鑑賞)のしやすさ。

2. 影響を受けやすいこと。動かされやすいこと。

【ひと言】

デザインにおいては、アクセシビリティとは、ものや環境は、変更を加えなくとも、
できるだけ多くの人々が利用できるデザインであるべきだ、という考え方である。
歴史的に見て、デザインにおけるアクセシビリティは、障害者の便宜をはかることに
焦点を合わせてきた。しかし利用しやすいデザインについての知識と経験が
増えるにつれ、多くの必要な「便宜」をはかるようデザインすれば、
万人に便利なデザインになりうる、ということがますます明らかになってきている。
利用しやすいデザインには、
(1)認知しやすさ (2)操作しやすさ (3)わかりやすさ (4)寛大さの
4つの特徴がある。
「バリアフリー・デザイン」「ユニバーサル・デザイン」としても知られている。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

お祝いのアイデア

【 コンサルタント日記 】

「通過儀礼」。
人が一生のうちに経験する、誕生・成年・結婚・死亡など、
年齢的に重要な節目にあたって行われる儀礼。(大辞泉より)

長く生きていれば、何度も経験するこの言葉だが、
自分のこととなると、やはり少し緊張する。
先日、私の誕生日に、子供達からTシャツのプレゼントがあった。
家族全員がそれを着て祝ってくれ、
記念撮影には、プロのカメラマンも呼んであったのには驚いた。
しかも、Tシャツの図柄は、忘れかけていた10年前に描いた
私の一枚の絵手紙をモチーフにしたもので、とても感動した。

「お祝いのアイデア」としては、とても面白いと思った。
私の趣味の絵手紙は、健康で、若さを保つ秘訣であることを、
このTシャツは、思い出させてくれたのだ。

離れて暮らす家族にも、皆、メールで礼状を出した。

「Tシャツは私の宝物になり、わが家に金庫があれば保管したいですが、
 あいにく、ありませんから、夏、せいぜい着ることにします。
 皆で考えた演出には、頭が下がりました。
 やはり、贈り物は、クリエイティブなものは一番嬉しいですね。
 Tシャツアのアイデアは、久しぶりに光っていましたから、
 次回、私の絵手紙の材料に使わせてもらいます。
 ありがとう。感謝。謝謝。」

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

このブログについて

デザイナーの転職紹介を行う
株式会社ビートップツー
運営するブログです。

月別 アーカイブ