2008年7月アーカイブ

映画『いまここにある風景』

【 今週のオススメ 】

中国。
この国で今、なにが起きているのか。
「私たちが今、生きている世界についての衝撃のドキュメンタリー」
と謳った映画を、友人の勧めで見てきた。

これは「地球の壊されかた」か、それとも「人類繁栄の足あと」か。
国際的な写真家・バーティンスキーが捉えた中国。
その産業の風景である。

最後のナレーションでは、
「いい悪いよりも、これからは新しい発想が必要だ」
とあり、デザイン関係者、特にプロダクトデザイナーには、
是非見て、考えて欲しい。

東京都写真美術館ホール(恵比寿)
・イメージフォーラム(渋谷) にて上映中。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

M&A [mergers and acquisitions]

【 気になるキーワード 】

最近、デザインの現場でよく聞くキーワード、
気になる、気にしたいキーワードをご紹介します。

今日は、「M&A(mergers and acquisitions)」です。

【意味】

1)企業の合併・買収の総称。
 新規事業や市場への参入、企業グループの再編、業務提携、
 経営が不振な企業の救済などを目的として実施される。


【ひと言】

日本メーカーの「ものづくり組織能力」は、欧米流のM&Aや戦略提携でなく、
単独の「内生的成長」を追及してきた。
基本は、社内に蓄積した経営資源の活用であり、
時間をかけて人材の育成を図るなど、築き上げてきた組織的な能力が武器。
今後、中国、インド、ロシアなどの新興経済国との
「速すぎるグローバル化競争」で、どこまでやれるかが決め手になる。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

名古屋の異変

【 コンサルタント日記 】

久しぶりに休暇を使って、「ひかり」で名古屋の友人たちを訪ねた。
もちろん、日帰りである。
7月末、暑いはずの名古屋でも、にわか雨などあると、
まるで秋のように涼しく、汗をかかなくてすむから大助かりした。

暑いといえば、今、日本で一番、懐の「熱い」名古屋と言われて久しいから、
旧友にも、景気動向を聞いてみた。
シャイな彼らは、地道に生活をエンジョイしているらしく、
定年のお祝いをどこでするか、友人は病気がちだから心配しているなど、
たいして変わった様子もなかった。

しかし、皆、電車や、中には自転車で駆けつけてくれたのには、驚いた。
名古屋といえば、自動車王国。
以前は、皆、車での移動が当たり前であったが、
ここに来て、ガソリン価格の高騰が続くと、彼らも車離れし出したようだ。

これが、名古屋の景気動向の一端と読んだ。
帰りの駅で見た夕刊・三面記事トップの見出しにも、
『カーシェア 脱クルマじわり』『ガソリン高 中部も異変』とあった。

「カーシェアリング」の会員になり、車は使いたいときだけ電話で予約し、
自宅から歩いて十数分の無人ステーションで借りる。
キーは車内にあり、会員専用のカードをかざすと、
ドアが開く仕組みなのだそうだ。
ここにも、自動車王国・名古屋の知恵があり、感心したが、
私には、名古屋の異変にも思えた。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

オリンピック・ファッション

【 気になるデザイン 】

北京五輪の開幕まで、もう間もなくとなった。
日本選手団のメダル獲得予想もいいが、
開会式にみる、各国選手団のファッションも気になる。

写真は、1964年(昭和39)に東京で開催された、
第18回大会の日本代表選手公式ブレザー。

jacket.jpg

真紅の生地に金の三つボタン、胸元には日の丸のデザイン。
記憶にも、あざやかに残るその赤は、
往時の晴れ晴れとした雰囲気を今に伝えている。

今度の北京五輪には、どんな奇抜な、どんなすばらしいファッションで
世界各国の選手が行進するのか、これも開会式の楽しみの一つであり、
五輪のデザインコンペの始まりである。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

ファシリテーション [facilitation]

【 気になるキーワード 】

最近、デザインの現場でよく聞くキーワード、
気になる、気にしたいキーワードをご紹介します。

今日は、「ファシリテーション (facilitation)」です。

【意味】

1)容易にすること。

2)促進。
 ひと言でいえば、「集団による知的相互作用を促進する働き」のことで、
 facilitationの接頭辞[facil]は、ラテン語の[easy(容易にする)]

【ひと言】

問題解決や合意形成を促進する技術として米国で生まれ、
グローバルな自立分散社会を迎え、「21世紀で最も重要なスキル」
ともいわれています。
スキルである限り、実践で学び、実践で鍛えられるもので、
本で読んでも身につかないことは確か。
頭でっかちにならないように。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

野球の魅力

【 コンサルタント日記 】

仕事を終え、ビールを片手に、
友人とプロ野球観戦するのは実に楽しい。
野球場は、神宮球場のように、屋根が無いほうがいい。
夕日が落ちるところなど、美しい光景を見ると、
それだけで、ビールのおつまみになるというものだ。
かなり満足感がある。
熱心なプロ野球ファンでなくとも、足を運ぶに値するし、
そこには生きている証を見ることができる。

ところが、スポーツが故に、勝負にこだわる場面もある。
昨夜は、セーフ、アウトで選手・監督と審判団がもめだし、
終始がつかなくなって、試合は中断。
酔いが醒めるほど中断が長引いた頃、ルールに従い、
監督が退場処分となり、試合再開。
後味の悪い結末で、何ともすっきりしない。

そこで、米国野球に詳しい友人の弁。
米国では、こんな終わり方は見たことが無いという。
スピードが本命、たとえ1分でも、中断はファンが許さないという。
審判の権威が貫かれていて、ファンあっての野球、
娯楽に徹しているからか、選手や監督の時間稼ぎは許されない。
そこには、タイム・イズ・マネーの考えがあるという。

松井、イチロー、岩村等が活躍している大リーグの魅力は、
こんなところにもあるとしたら、日本のプロ野球も、
良い面はもっと真似て、魅力あるものにしていかないと生き残れない。
大リーグだけが、世界のプロ野球になるのだけは阻止したいものだ。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

ノベルティデザイン

【 気になるデザイン 】

「災害は忘れて頃にやってくる」という、
有名な寺田虎彦の言葉がある。

その言葉を意識していたから、

先日、あるメーカーのOA機器のデモを見学した際、
帰りに、数種類から、お好きなノベルティを差し上げますと言われ、
冒頭の言葉を思い出したので、かわいい縫いぐるみ型の
「防災キット」を頂いてきた。(写真)

懐中電灯や、笛、ビニールシートなどと、災害時の説明書を入れて
7点もセットになっているのには驚いた。
さすが、日本のノベルティデザイナーの知恵とデザイン力は
すごいと感心しつつ手にしてみると、
意外や意外、チープなモノの集まりで、がっかりした。

7点セットにこだわり、無理して寄せ集めしたように見え、
生命に関わる「防災キット」としては、いまひとつアイデアに欠ける。
サービスとして、ただでもらったとはいえ、
使い物にならないと思い、残念に思った。

それならば、7点セットにこだわることなく、3点セットで十分だから、
災害時に大切なもの、例えば、水だとか、薬なども
考慮に入れたものがあっていいのではなかろうか。
限られた予算で製品化するのが大変なのは承知しているが、
無理せず、1点でも、2点でも、ハートの通うものがあれば、
ノベルティデザインとしては、十分だ。

それ以上を望むなら、有料で揃えればいいことは、皆、知っている。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

『北京故宮 書の名宝展』

【 今週のオススメ 】

江戸東京博物館で、9月15日(月・祝)まで、開催中の
『北京故宮 書の名宝展』。

書の世界で古今、書聖として最も尊ばれてきた王義之(おうぎし)。
書を芸術の域に高めた人物。
書は個性を重んじる芸だという。

この特別展は、
・平日でも並んでみるぐらい人気
・中国人も多い

文字文化の神髄を、一度は見ておきたい。

□江戸東京博物館 1階展示室
□開館時間 9:30?17:30
□休館日 毎週月曜日(ただし、7月21日、9月15日は開館)、7月22日(火)
□観覧料金 一般 1,300円

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

ロボット [robot]

【 気になるキーワード 】

最近、デザインの現場でよく聞くキーワード、
気になる、気にしたいキーワードをご紹介します。

今日は、「ロボット (robot)」です。

【意味】

1)複雑精巧な装置による人工の自動人形・人造人間。

2)目的とする操作作業を自動的に行うことができる機械または装置。
 チェコの作家、カレル・チャペックが戯曲『R・U・R』中で用いた造語(1920年)。

【ひと言】

21世紀は、高齢者とロボットが一緒に暮らす世紀。
福祉ロボット、エアコン、掃除機など、家庭用ロボット、エンタテインメントロボット、
癒しロボットと、あらゆる製品にロボット機能が付加されていくだろう……
というのは、友人の弁。
くれぐれも、人に危害を加えない安全設計でお願いしたいですね。

(K.K.)

マーケティングの原点

【 コンサルタント日記 】

「歩くこと」を趣味の一つと決めてから、
ときどき、面白いことが見えるようになった。

先日も、ある放送局の前を通りかかると、
ライブを聞く人だかりに出くわした。
観客の中に紛れては聞かず、輪の外でその光景を見ていた。

ライブが終わると一瞬、興奮が冷める……と、すぐ机が並べられ、
CDが並べられて、観客は買い求めるために行列をつくる。

その光景を見ながら、今、流行の
「研ぎ澄まされた五感が、製品づくりの競争力の源泉」
という言葉を思い出した。

観客は、ライブを五感でとらえ、興奮し、CDを買うにしても、
やはり、大きいのは第六感、理屈ではない部分で、
このミュージシャンの魅力を感じているのではないかと思う。

「五感」は、人間にとって、ベーシックなものだ。
そうした基本的な感覚を超えた「第六感」が働くことで、
最終的な「購入」に結びつく。
そこに、マーケティングの原点があるのだと思う。
時には、立場を逆に、観客を主役と見ることも必要だ。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

『熱中飴』

【 気になるデザイン 】

梅雨明けが待たれる東京。
暑さが続く中、お店で思わず買ってしまった飴がある。
『熱中飴』というネーミングに感心して、つい手が出たようだ。

そのパッケージも、味や効用を、
これでもかと列挙しているからすごい。

  『ガツンと塩辛すっぱいレモン塩味』

  『暑い季節お仕事スポーツに』

  『一に水分
   二に塩分補給』

この手の商品の売れ行きは、パッケージとネーミング、
コピーライターの腕で決まるようです。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

『バリアフリーをつくる』ほか

【 今週のオススメ 】

先日、川崎市主催の「第78回かわさきデザインフォーラム」で
光野有次氏の「私のユニバーサルデザイン考」の講演を聴いた。

氏はこの世界の先駆者で、第一人者。
バリアフリー研究40年の歩みが詰まった、彼の全著作が今週のオススメ。

『バリアフリーをつくる』
光野有次著 岩波新書 (819円)

『みんなでつくるバリアフリー』
光野有次著 岩波ジュニア新書 (819円)

などなど、多数。

また、彼のブログ「光野有次の気分はバリアフリー」も、
是非、一読することをオススメする。

冒頭の、
『今や新大陸は発見できません。
 また新生物や新星の発見も容易ではない。
 しかし身の回りで起きる小さな「オヤ?」は発見できるかも?』
という言葉が印象的。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

イノベーション [innovation]

【 気になるキーワード 】

最近、デザインの現場でよく聞くキーワード、
気になる、気にしたいキーワードをご紹介します。

今日は、「イノベーション (innovation)」です。

【意味】

1)新機軸。革新。

2)新製品の開発、新生産方式の導入、新市場の開拓、新組織の形成
  などによって、経済発展や景気循環がもたらされるとする概念。
  シュンペーター用語。
  (オーストリアの経済学者 Joseph A.Schumpeter(1883-1950)によって定義された)
  また、狭義には技術革新の意にも用いる。

【ひと言】

「イノベーション都市・川崎」というキャッチフレーズに使われたり、
最近では、ヤマハの新製品「TENORI-ON」などは、
イノベーションの傑作と言われている。
日本が国際競争を生き抜くためのキーワードといっても過言ではない。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

転職は決断

【 コンサルタント日記 】

先日来、コンサルティングをした、3人の転職希望者のことを考えた。

1人は、紹介案件の給与面で納得がゆかず、「NO」。
2人目は、将来性はある会社だが、正社員採用ではないので考えたい、
考える時間が欲しいと保留。
3人目は、今ひとつ知名度がない会社だから、友人に聞いたり、
良く調べてみたいと言う。
どれも、ごもっともな話だ。

転職は、すべて明日のわが身の生活に関わるわけだから、
熟考するのは当然で、決断には時間がかかるが、
求人先は、明日からの戦力を求めているので、即断を要求してくる。
従って、転職は、相応のタイミング、間合いで決まることが多い。

転職は、一種の賭けとまでは言わないが、転職すると決めた時点から、
何らかの決断力がないと、まとまらないことは事実。

自分を信じて、自分の転機はどこかを見定めて、
勇気ある決断力で乗り切らねばならない。
自分に賭け、自分で道を切り開くのが転職なのだ。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

山手線車両広告

【 気になるデザイン 】

民放テレビ局も、山手線の車両広告を積極展開し始めました。
これは、日本テレビの広告です。

裏読みしたくないのですが、近頃は、ネットや携帯に押されて、
かなり宣伝しないと、若者はテレビを見てくれないという
危機感があるのでは?

それにしても、このピンク色でいいのでしょうか?

詰まるところ、テレビ局の将来を賭けた広告と見ました。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

『R25』

【 今週のオススメ 】

R25[アールニジュウゴ] というフリーペーパーをご存知だろうか。
「オトコを刺激する情報マガジン」と銘打って、
25歳から32歳の男性ビジネスマンを対象とし、
毎週木曜日発行、駅などで配布されている。

その最新号は、上半期の日本をおさらい&下半期を大予測している。
無料の紙媒体として、若者を刺激し続けてきた『R25』も、
次号で4周年迎えるというから、すごい。

無料とあなどるなかれ、政治・経済などの時事問題から、
ファッションやグルメなどの流行や柔らかい話題まで、
コンパクトにまとめてある。

年齢、職業問わず、電車でサクっと読めて、なかなか役立つ。
もちろん、デザイナーも必見だ。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

ユビキタス [ubiquitous]

【 気になるキーワード 】

最近、デザインの現場でよく聞くキーワード、
気になる、気にしたいキーワードをご紹介します。

今日は、「ユビキタス (ubiquitous)」です。

【意味】

語源はラテン語で、いたるところに存在する(遍在)という意味。
インターネットなど情報ネットワークに、いつでも、どこからでも、
アクセスできる環境を指す。
ユビキタスが普及すると、場所にとらわれない働き方や娯楽が実現できる。

ユビキタス・コンピューティングは、メインフレーム(複数で一台を使用)、
PC(一人一台)、に続く、一人が複数のコンピュータを使う第3世代を
示したもので、マーク・ワイザー氏が提唱。

【ひと言】

総務省がまとめた情報通信白書で、2010年には、
ユビキタス関連市場が、87兆円に拡大するという。
当分、ユビキタスは、目が離せない言葉だ。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

インターネットの歴史

【 コンサルタント日記 】

この5月に、岩波書店に一枚の感謝状が贈られたことを
雑誌『図書』で知った。

 『20年近くの長きにわたり、WIDEプロジェクトの
  最初のネットオペレーションセンターの運用をさせて頂けたことを
  心より御礼申し上げます。
 (中略)「知のインフラストラクション」となるまでに成長できたのは、
  貴社の大きな貢献によるもの』

との、感謝状だ。
贈り主は、WIDE代表で、日本の「インターネットの父」
とも呼ばれている村井純氏。

89年夏が、わが国のインターネットの黎明期。
登場から20年で、ここまで急速に進歩、発展、拡大し、
かつ、多くの人々にとって身近になったものは、
インターネットをおいて、歴史上、ほかに存在しないのではないかと思う。

近代医学は220年、建築は120年、デザインは70年という歴史。
一方、インターネットは、何とわが国においては、わずか20年の歴史しかない。
それが今や、インターネットなしでは、
一日も仕事が進まないようになったのだから驚きだ。

それが故に、良いこと、悪いこと、両方がある。
大きな犯罪まで生み出してきている。
それに比べ、デザインの世界は70年だから、
人間に例えると「ひとりの一生分」ぐらいで、まだまだ研鑽に励む世界だ。

今日もまだ、生き生きしたデザインが生まれ続ける、
すばらしい世界だと思っている。そう思いたい。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

このブログについて

デザイナーの転職紹介を行う
株式会社ビートップツー
運営するブログです。

月別 アーカイブ