2008年4月アーカイブ

三種の神器

【 転職コラム 】

転職活動の「三種の神器」は何だろう。

一つは、職務経歴書や作品集といった資料。
さて、あとの二つは何か。

先日、面接に立ち会ったときに感じたことだが、
二つ目は、職務経歴書を説明するプレゼン力、説得力だろう。

そして三つ目は、髪型や服装、いわゆるリクルートスタイル。
一時間ほどの面接の間に、採用担当者は、会話をしながら
相手をよく観察し、なるべく多くの情報を得ようとする。
当然、そこでは服装も重要な要素だ。

まとめると、分かりやすい提出書類を分かりやすく説明できる、
そのプレゼン力と態度一式が勝負ということだ。

例えば、作品集に記す自分の名前ひとつをとっても、
ひと味ある、工夫された書体、ロゴであれば、
面接官の目を引くこと間違いない。
こうした細かい気配りも、デザインセンスとして見ているからだ。
同様に、面接時のネクタイも、時には考えられた色柄のものを
締めてゆくぐらいの気持ちで臨みたい。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

自動掃除機

【 気になるデザイン 】

iRobot(アイロボット)社の自動掃除機「ルンバ」。

『究極のマルチベクトル集塵、あきらめないお掃除ロボット
 細かなゴミ、隠れたチリまで取りきるお掃除ロボット
 世界40カ国、250万世帯以上(2007年5月現在)で使用され
 マイホームをきれいにしています』

とカタログにある。

ボタンを押すだけでクリーニング開始する標準モデルから、
曜日単位で、稼動開始時間をスケジュール予約し、
全自動掃除を実現した上級モデルまである。

直径34センチ、高さ9.2センチの画期的な商品だ。
しかし、自分が買うかどうかを考えると……
買う気になれないのである。

よく言われるように、「ウサギ小屋」では、お掃除ロボットが活躍する部屋がない。
世界40カ国、250万世帯に売れているという実態と
我が境遇を比べ、住宅事情にまで考えをめぐらせた。

お掃除ロボットを買う前に、「ウサギ小屋」脱出を計るべきか。
考えさせられる未来製品である。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

「モディリアーニ展」

【 今週のオススメ 】

連休前の平日の午後、六本木の国立新美術館で、
「モディリアーニ展」を見てきた。

平日でも、おばさん族で超満員、
さすが、東京・六本木、さすが「モディリアーニ」と感嘆しつつ、
足早に引き上げてきたが、デッサンなどの作品数も多く、
一見に値するので、ご紹介。

「モディリアーニ展」
□2008年6月9日まで(午前10時?午後6時)
□六本木 国立新美術館
□毎週火曜日休館
□前売り券は、チケット店やコンビ等で

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

(34)まとめ術

【 職務経歴書講座 】

転職活動の重要なツールの一つである「職務経歴書」。
その書き方のポイントを、毎回コンパクトにお届けしていきます。
第34回目は、「きめ細かいまとめ」です。

----------------------------------------------------------------

ものづくりの拠点は、国内から、台湾、中国、ベトナム、インド等へと変わっている。
例えば、輸出入製品のデザインに関わると、いつの間にかいろいろ経験をする。
4?5年も経てば、製品の流れが見えてくるし、中国などの生産拠点に
打ち合わせに行く機会もやって来る。

そこで、その出張記録をメモし、職務経歴書に書き込むなど、
「きめ細かいまとめ」を活用してみよう。

たとえ国が違っても、デザインやものづくりにおけるチェックポイントは同じだから、
海外生産におけるノウハウは貴重な経験だ。
それは、職務経歴書の一項目として存在するに値するし、
どの職場でも、いろんな形で応用がきくから、歓迎されること間違いない。

デザイン界では、時代の流れの半歩前を歩くことが鉄則。
生産拠点の変化も、その時代の流れの一つといえる。
その貴重な経験値を、職務経歴書にまとめて記入することをお勧めする。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

北京モーターショー

【 コンサルタント日記 】

北京国際モーターショーが開幕した。
米国や日本の自動車市場が伸び悩むなか、
08年に1千万台の販売が見込まれる中国市場の存在感が高まっている。


car.jpg
(朝日新聞 2008年4月21日付より)


各社は売り込みに懸命だ、との報道にあるように、
メーカー各社の代表から、デザイナー、記者団も北京入りしている。
今や、自動車市場も、中国なくしては語れないところまで来ている。

取材に当っている友人からのメールによると、
五輪カラーをイメージした新車を発表した中国メーカーや、
過去最多となる50台の車を展示した日本企業など、
国内外の自動車関連メーカー約2100社が出展し、
8月の北京五輪に向け、中国重視、強化が目立つとのこと。

自動車も基幹産業化したがゆえに、わが国のデザイナーも
好き嫌いで中国を語る時代は終わり、
新たな企業戦略として、デザインの価値を見直すこと必至、
考えようによれば、面白い時代に突入したともいえる。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

電池アダプター

【 気になるデザイン 】

日頃、いつも必要というわけではないが、
あれば便利なこともある、という類の製品がある。

この「電池アダプター」もそうだ。
手持ちの単3電池をアダプターに入れるだけで、
単1電池として使えるのだ。

単1電池がすぐ必要なのに、買い置きは単3しかない、
そんな時に役立つ器具であり、
災害時など重宝されることもある商品だろう。
(2個入り398円)       

電池も、単1から単4くらいまでと、家庭で使う種類も多くなったから、
全ての種類を買い置きしておくのも大変だ。
そういったニッチなところを捕え、考えられたアイデア商品だ。

ただ、この手の商品は、日頃使わないだけに、
いざという時、どこに保管したか思いだせないことがある。
要注意だ。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

シュレッダーハサミ

【 気になるデザイン 】

個人情報保護法が出来てから、
爆発的に売れ出したのが、シュレッダーだ。
いまや、手動から電動まで様々な種類があり、
オフィスなどで使われている。

この「シュレッダーハサミ」は、
ハサミの形の手軽なシュレッダーで、
個人でも、遊び感覚で使えるし重宝だ。

色紙など切ると、紙ふぶきの材料にもなるから、
子供にも人気があるとか。
5本のハサミが同時に動くから、見ていても飽きない!!
アイデア商品だ。(価格546円)

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

(33)起承転結 ?作品集の編集?

【 職務経歴書講座 】

転職活動の重要なツールの一つである「職務経歴書」。
その書き方のポイントを、毎回コンパクトにお届けしていきます。
第33回目は、番外編:作品集についてです。

----------------------------------------------------------------

【起承転結】
「漢詩の構成法の一つ。
 起は主題を起こし、承はそれを承(う)けつぎ、
 転は一転して別趣の境を開き、
 結は一遍全体の意を結合する」
と辞書にある。
これは、文章の書き方の基本とされている。

連休を前に、いろいろと転職について悩んでいる人には、
「起承転結」で、作品集を編集してみることをお勧めしたい。

「起」は、デザイナーにあこがれて各種の学校へ、
「承」はそれを承(う)けつぎデザインの世界を覗く、
いやそこは、思ったような世界でないと「転」して、
少し路線を見直そうと、冷静に作品群を並べていく…
すると自分が見えてくることがある。

ポイントは、結論など出さずに、
冷静に自分を見直した作品集を作ることだ。
そこに、時間のあるときに、最近の作品を加えて行けばいいわけだ。

昨日も書いたが、転職にはベンチャー的な部分がある。
日々の忙しい時間の使い方とともに、
連休などのまとまった貴重な時間をどう使うかが、
成功のキーになることもある。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

転職はベンチャー

【 コンサルタント日記 】

09年度の新卒採用動向は、「内定出しの早期化傾向」と、
「内定者フォローの強化傾向」だと聞いた。

内定を出しても、逃げられては何にもならないので、
至れり尽くせりフォローするそうだが、
もちろん、中途採用には、このような傾向はない。

例えば、円高が進めば、トップからの中途採用ストップという一言で
人事はそれに従わざるを得ないのが現状だ。
それは、新卒は固定費、中途採用は変動費扱いということだ。

従って、中途採用は、いつでも行っているようでいて、
その実、企業内では変動しているわけだから、
タイミングを逃したら、中途採用はない。

転職を決めたら、企業情報を的確に掴み、
時には、迷うことなくタイミングよくトライする、
飛び込む勇気が必要ということだ。

転職・中途採用は、大人の熾烈な戦いで、
新卒のように大事に幼児扱いしてくれない。
やはり、自分を高める、価値あるベンチャーであると思う。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

価格競争とデザイン

【 気になるデザイン 】

最近の自動販売機は、もはや広告も兼ねているのだろう。
すごい。

この自販機で思い出したが、
家電量販店を覗くと、激しい価格競争オンパレードで、
形や色が見えないぐらい、商品に広告や値札が張られている。

例えば、冷蔵庫。
広告POP、値下げ札などばかりが張られていて、
製品の形や色、使い勝手が見えない。
プロダクトデザイナーの苦労はどうなるのだろうかと
思わず嘆きたくもなる。

もともと、価格競争だけでは足りず、付加価値、差別化といった
市場重視からデザインが投入され、発達してきた経緯があるが、
ここまで本体が広告で埋められると、やはり行き過ぎだ。

その冷蔵庫を購入したら、自宅の台所がどうなるのか、
シミュレーションすらできないのだから、困る。

いずれ、量販店もそのことに気づき、店内モデルルームなどで、
生活シーンを見せてくれるようになると思うが、
価格競争のみでの商売は限界があるように思う。

デザインやデザイナーの出る幕がない市場は、やはり闇だ。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

NHKの車両広告

【 気になるデザイン 】

NHK朝の連続テレビ小説は、ここ何年も視聴率低迷中らしい。
今回の「瞳」は、どうなることやら。

しかし、これだけメディアが多様化し、流通する情報量が増えれば、
相対的にテレビの視聴率というものが、今後も下がり続けるのは、
仕方のないことだと思う。

それなのに、山の手線に、この大々的車両広告だ。

これだけの広告費があるなら、受信料を下げたら?と
皮肉の一つも言いたくなる。
民放ではあるまいし、何を考えているのですかね、NHKは。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

格差社会

【 コンサルタント日記 】

昨今、「格差社会」という単語が、世に蔓延しているようだが、
私は、好きになれない言葉だ。
転職もそうだが、何も努力しないで良い職場に行きたい、
それが出来ない社会は格差がある悪い社会だ、と決め付け、
文句ばかり言っていても、何も進歩がない。

先日、団塊世代でパソコンが出来る人は、
定年延長有りという制度がある会社の話を聞いた。
よく聞いてみると、携帯電話の出来る若い人よりも、
会社に役に立つというから、思わず笑ってしまったが、
なにやら、そこに真実も見える。

なぜなら、団塊世代でパソコンができるということは、
50代で習い始めて、5?6年の経験があるだけということになる。
つまり、それだけの努力をした人ということで、
定年延長の制度になったのだ。
年齢に関係なく、努力することは、報いられることなのだ。

クールに言えば、この社会で生きる限り、格差はつきものだ。
日頃の努力の積み重ねが、結果に表れ、何らかの差が付く。
格差社会を嘆く前に、すべきことは、ある。
芸は身を助くというではないか。
そんな努力が、報われる社会であって欲しい。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

理屈が通れば……

【 コンサルタント日記 】

人材コンサルタントをしていると、
つい、意地悪な質問をすることもあって、
あとで自己嫌悪に陥ることがある。

先日は、この道10年の経験があるのに、
使えるソフトは2つしか書き込まれていない人がいたので聞いてみた。
彼曰く、好きなものしか書かなかったのは、
このソフトの出来る職場に行きたいと言う意思表示で、
余計なソフトを書いて、嫌いな職場に回されたくないとのこと。

なるほど、進路を明確に決めているのは良い。

次に、結婚を考えているので正社員を希望、
さらに、土日休みの大会社か、役所的な職場を求めているという。

なるほど、これも一理あり。

給料は?と問うと、今以上のところと狙っていると言う。

さすがに呆れた。

貴君のためだけに、会社が存在しているのではないと言いかけたが、
彼の考え方は、すべて一理あるので、それも良し、
では頑張りましょうと激励しながら、少しは大人になって欲しいと思った。

転職活動は、「能ある鷹は爪を隠す」という美徳の世界ではないし、
いくら理屈が通っていても、自分の希望だけ並べても通じない。
人生の転換期になるかもしれない大仕事であり、
全力投球して職場を求めることでのみ、道は開かれる。

基本的に土日休みであっても、必要な仕事とあれば、
休日出勤になることも、時には受け入れなければならない。
給与の額にしても、柔軟性を持って考えておかないと
先に進めないのだと、やんわり話した。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

感性のネーミング?

【 気になるデザイン 】


駅の自動販売機で購入したのだが、
ラベルに並ぶ言葉の意味が、何ひとつ分からない。

「WONDA」「微糖」「糖類74パーセントカット」……。

辞書にない言葉の連続が、
感性を重視したネーミングの見本だとしたら、
日本語も遠くに行ったものだ。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

ビジネスバッグ

【 気になるデザイン 】

日本の男性用ビジネスバッグぐらい個性のないものはない。
昨今のノートパソコンが入るものなどは、色は黒、サイズもほぼ同じ、
電車の網棚に置くと誰のものか、分からなくなりそうだ。

そこで、少し趣のあるものを購入するとなると、
外国製に頼ることになる、という良い例がこれだ。

サイズは同じだが、ポケットが沢山ついていて、
ファスナーの開け閉めの金具には、
簡単なミシン目がついているだけのものだが、シャレている。
肩にかけるストラップのミシン目も、
それがデザインのアクセントの役目を果たしている。

大きなタグ付で、裏に名前が書き込めるようになっている。
自分で使ってみて、少し重いが、頑丈にできているので、
海外出張などには重宝した。

出来れば、多色の中から選べる商品群があるといいが、
この時は、この黒しかなく、少し残念な思いをした。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

資格と転職

【 気になるデザイン 】

4月、各種検定、資格取得の車内広告が目立つ。

資格取得者は転職に有利というイメージだが、本当だろうか?
資格だけがあっても、実務経験なくして何が出来るのか。

資格がムダとは言わないが、時には疑ってみることも必要。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

お酒のネーミング

【 気になるデザイン 】

あまりお酒に詳しくないもので、
日本酒は米だけで出来ていると思い込んでいましたが、
違うみたいですね。

純米酒、吟醸酒、本醸造酒…と、種類があります。

「米だけの酒」

ここまでくると、もはやネーミングとして良いのか、どうなのか、
分からなくなってきます。
コピーライターも大変な職業ですね。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

満開の桜とデザイナーの役割

【 気になるデザイン 】


春爛漫、桜満開。
東京は、今が桜のピーク。

写真は、そんな旬の下町風景だが、
ぼんぼりの色彩などがイマイチで、デザインセンスに欠ける。
せっかくの美しい桜をジャマしてさえいる。

まだまだ、「デザイン」が、「デザイナー」が、求められる場は多い。
こうした地域コミュニティにも、デザイナーの登場を願いたい。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

(32)大事なキーワード

【 職務経歴書講座 】

転職活動の重要なツールの一つである「職務経歴書」。
その書き方のポイントを、毎回コンパクトにお届けしていきます。
第32回目は、「大事なキーワード」です。

----------------------------------------------------------------

4月に入り、各企業は、既に来年に向けて
人事、人員の計画を立て始めている。

中途採用は、会社にとって、差し迫って必要で、
即戦略となる人材なわけだから、
人事担当者は、必死で応募者の書類を見るという。

そこで先日、某採用担当者に、応募書類のどの欄を
一番先に見ますかと、ずばり聞いてみた。
年齢?学歴?それとも現職欄?

すると、その答えは、「自己PR欄」だった。
そこから、人物像を汲み取るという。

「ユーザビリティ」や「他部門との連携」、「コミュ二ケーション」
などのキーワードは、やはり目に留まるらしい。
それは、確かに一理あると思った。

だからといって、自己PRにオイシイ単語だけを並べても、
人事のプロには、嘘はすぐ見破られるが、
間違いなく大事なキーワードだ。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

才能を生かすには

【 コンサルタント日記 】

このところ、お花見の誘いが多い。
ご近所付き合いもあり、出かけてみると、
いろいろなご家族とお会いする。
同年代から若い人まで、さまざまだが、
自己紹介では、やはり職業の話が多い。

リストラ、早期退職、第二の人生…といった単語が飛び交うが、
お花見の席だけに、あまり暗い話は出てこない。
多くの人は、今日も健康で、楽しいお花見に参加できたと、
ご夫婦揃って感謝のスピーチだったり、
転職先の現状報告だったりする。
中には、ちらりと人生の悲哀が出てくることもあるが。

中でも、技術系、エンジニアの人たちの再就職は、
総じて好調のようだ。
デザイナーも、手に職があるという意味では、この分野だ。
一方で、友人のA君などは、30代でプロダクトデザイナーを辞め、
絵描きに転業、今では、その道の有名人になり、モテモテだと聞く。

才能を生かす。
それは、ある時期、自己啓発を含めて、自らの人生の進路を
真剣に考え抜いた、選択の結果なのかもしれない。
自身の舵取りが出来た人は、幸せをつかむことを教えてくれる。

お花見のような集まりは、いい意味での人生の縮図、
さまざまなことを考えされられる場でもある。

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

便利さと、増えるゴミ

【 気になるデザイン 】

有機栽培大豆とは、

「農薬や、化学肥料を使わないで、2年以上の間、
 堆肥などによる土づくりを行った農地で栽培された大豆」

だそうだ。
こうしたものが、今後は主流となりそうである。

納豆は好きだが、たれなどを出すときに
手が汚れるから面倒だという人のための容器がある。

1) 出し口を納豆に向けて折ります
2) 最初にたれが出ます
3) さらに折り曲げるとカラシが出ます

というものだ。
手が汚れないアイデアは良いが、
容器のゴミをまた増やしたのでは…?

(K.K.)


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

このブログについて

デザイナーの転職紹介を行う
株式会社ビートップツー
運営するブログです。

月別 アーカイブ