2004年7月アーカイブ

『13歳のハローワーク』(幻冬舎)という本がベストセラーになっている。

1976年に、『限りなく透明に近いブルー』で第75回芥川賞を受賞した、
村上龍の最新作だ。

帯には、『「いい学校を出て、いい会社に入れば安心」という時代は終わりました。
好きで好きでしょうがないことを職業として考えてみませんか?
派遣、起業、資格など、雇用の現状をすべて網羅した仕事の百科全書。』とある。

  13歳は自由と可能性を持っています。
  だからどうしても世界が巨大に写ってしまって、不安ととまどいを覚えるのです。
  私は、仕事・職業こそが、現実という巨大な世界の「入り口」なのだと思います。
  わたしたちは、自分の仕事・職業を通して、世界を見たり、感じたり、考えたり、
  対処したりすることができるようになるのです。
  自分の仕事・職業によって世界と接しているということです。(「はじめに」より)

数百もの仕事の内容が、13歳が読んでも理解できるように
書かれているのはさすがである。

例えば、インダストリアルデザイナーは、「ボールペンから飛行機まで、
あらゆる工業製品を企画し、設計する。一般的に大量生産が可能なものが対象」
と説明し(中略)後半には、「商品化にあたっては、企業の経営陣に
デザインをわかりやすく説明しなければならない」と、
デザイナーにはプレゼンテーション能力必須と書かれている。

こういった部分を読むと、きめ細かい取材でまとめられているからこその
ベストセラーなのだろうと納得する。
原点に戻り考える機会として、一読をおすすめしたい。


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

総合人材サービスの(株)インテリジェンスが、
20代?40代のビジネスパーソン1,000人に、
「働くこと」に関する意識調査を実施。

data200407_2.gif

働くことが「楽しくなかった」から「楽しくなった」に
変わった人は約3割で、そのきっかけとして
「職場環境」が最も多く挙げられた。

対して、「自己変革」によって楽しくなった人はごくわずかで、
働くことを楽しくするには、
職場環境を変える方が手っ取り早いことが明らかになった
(『THE 21』2004.08号)

------------------------------------------------------

今や転職は特別なものではなくなった。
要は、どういう理由で転職するかだろう。
目指すべきものが明確なポジティブなものであればよいが、
現状が嫌だからという逃避型では、
転職したところでまだ同じ問題に出会うことになるだろう。

手っ取り早く職場を変える…
分からないでもないが、あなたはどう思いますか。


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

面接という限られた時間の中で、自分を正しく評価してもらうことは難しい。
初対面の面接官と話すのだから、どんな質問が飛び出すか分からないし、
自分自身のガードが固くなり、思ったことを半分も話せなかったりする例は多い。

そこで、面接官宛の礼状の中に、失礼のないように、
面接時の補足説明をさせてもらってはどうだろう。

その場合は、自分の考えを文章に表現しなければいけないから、
言葉に気をつけなければならないのは当然だが、
言いたいことを+10パーセントでも届けられれば、
追メールの価値があるというもの。
必要と思った人は、すぐ試みることをおすすめしたい。

人間の心象というものは、どこでどう決まるか分からない。
だからこそ誠意だけでも伝われば、後でそう大きな後悔はしないで済むだろう。


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

 「めざすは手に職系か!」

data200407.gif

  20歳?49歳のサラリーマンを対象に、楽天株式会社が運営する
  「楽天ビジネス」が、「夢の職業」についてネット調査を行った。
  男性の一位はシステムエンジニア、女性の一位はツアーコンダクター。
  男女とも全体的に「手に職系」が多くみられるとともに、
  上位にはファイナンシャル・プランナー、税理士、社会保険労務士と言った
  「お金の指南役」が目立つ。
  マネープランに対する意識の高まりが、夢の職業にまで反映された?
  (『THE 21』2004.07号)

------------------------------------------------------------------------

「夢の職業」の上位に、デザイナーの文字を見つけて、
デザインの世界もひとまず健在と確認した。

欲しいもの「カネ」「名誉」「社会的評価」、そして「やりがい」、
すべてが実力で手に入る職業ともいえる。
時代が変わろうとも、手に職を持つことの意味は大きいようだ。


デザイナー転職紹介、人材紹介、求人募集のビートップツー

このブログについて

デザイナーの転職紹介を行う
株式会社ビートップツー
運営するブログです。

月別 アーカイブ